バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] サザン消滅!2018バスマスター・オープンは2地区開催へ

エリートへの登竜門、Bassmsterオープンシリーズ。
来季はサザンがイースタンに統合され、何と2地区開催へ!
トップトーナメントへの道は、さらに長く険しくなるのでしょうか?

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

来季オープン戦は2地区のみ!

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さてバスマスター・エリートシリーズの登竜門、Bassmasterオープンシリーズのスケジュールが公開されています。
1つ驚きだったのはサザンがイースタンに統合され、来季はセントラルイースタンの2地区のみでの開催になるのだそうです。
(逆にこれだけ人気があるのですから、ノーザン、サザン、イースタン、ウェスタン、セントラルとか5地区くらい開催して欲しい気が・・・)

(今回の画像は、Bassmaster.comよりお借りしています)

その代わりとして(?)、1地区につきレギュラー戦が3試合から4試合に増加。
それに加えて成績上位者のみによるチャンピオンシップ戦を加えた計5戦が、長く険しい「エリートへの道」となるようです。

スポンサーリンク

しかしこのフォーマット変更、どのような意図なのかは分かりませんが・・・。
1つ言えるのは、参加選手の負担が増加するのではないかと言う事です。
まず単純にシリーズが一戦増えるという事、そして開催地の範囲が広がる事も小さくない影響があるのではないでしょうか。
例えばイースタンオープン第一戦のキシミー・チェーンと第三戦のシャンプレインでは、何と約2200km(!)も離れているのです。。。

(というか、シャンプレーンってカナダとかぶってるんですね。。。)

けれども逆にエリートへの昇格枠は増加し、1地区辺り上位10名×2=20名ほどになるのではないか?という情報も。
(ただ、これについてはソースが確認できておりませんので、ご存知の方がいらっしゃれば教えて頂きたいです。。。)
本場アメリカに挑戦し続ける日本人バサーの活躍を、来年も期待したいと思います!


 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ