バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] あの有名アングラーも!?はじめての”琵琶湖博物館”体験記

滋賀県の誇る巨大ミュージアム、“琵琶湖博物館”
そのイベントに何と、豪華プロアングラーが大集結!?
着実に進む釣り人との連携が、未来への希望を予感させます。。。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

琵琶湖博物館で年パスを買った件w

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
先日、家族サービス目的に(?)初めて「琵琶湖博物館」に足を運んできました。

琵琶湖の烏丸(からすま)半島に立地するこの大規模博物館は、今年夏にリニューアルを終えたばかり。
展示は子供たちにも見やすく、興味をかきたてるように色々と工夫されていました。
家族連れの憩いのスポットとしても、非常に重宝すると思います。

琵琶湖博物館と言うと色々な思いのある方もいらっしゃるかもしれませんが、展示の仕方は非常にフランクです。

もしかすると、これまで抱いていた色々なイメージが一気に変わるかもしれません。

ちなみに私は、年パスまで買ってしまいました(笑)。

(2回分の値段で買える上、その場で使える同伴者用のチケットもついてくるので2人で行くなら絶対お得です!)

 

アングラー必見!情報の宝庫

そしてアングラー目線で見ても・・・博物館は宝の山でした(笑)。
単に「ベイト」の一言で片づけてしまっている、様々な魚たちの生態が詳しく解説されています。
様々な魚種の産卵期を見ると、「もしやこの時期に○×パターンが成立するのでは・・・」などと色々想像が膨らんでしまいます(笑)。

スポンサーリンク

その他、微生物からウィード水質の話など、ディープなアングラーなら興味津々の内容がいっぱい。
子供そっちのけで、一日中居たくなってしまったのはここだけの話ですw
この冬、ぜひ機会を見つけて勉強に行ってみてはいかがでしょうか。

 

釣り人との連携

そして嬉しい発見もありました。
博物館をサポートする協賛企業や個人に、どこかで見た事のある名前が・・・。
着実に釣り人との連携が深まりつつある事を、強く実感した次第です。

極めつけに、何と今週末(12/2土曜)開催されるイベントでは人気プロアングラーが大集合!!
豪華な顔ぶれが、公的な機関と力強いタッグを組みつつあることに、未来への希望を感じずにはいられません。
皆様、今週末はぜひ琵琶湖博物館に足を運んでみてはいかがでしょうか。
(というか私が行きたい!!)

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年11月
« 10月   12月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ