バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 船上のメリークリスマス

寒いし釣れない、修行のようなウィンターフィッシング。
しかし冬の釣りにこそ、ステップアップのヒントが一杯?
地形調査やキャストなど、冬の練習メニューを考えます。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

冬はオフシーズン?

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
最初に謝っておきますが、今回のタイトルに大した意味はございません(笑)。
クリスマスも元気に釣りに行こう!・・・という気合を表しているとでもご理解くださいwww

とはいえ「冬はオフシーズン」というバサーの方は少なくないのではないかと思います。
だって魚釣れないし寒いし、何が悲しくて釣り場に行かなきゃいけないの・・・という意見もごもっとも。
ただし狙いすました至高の一尾が(ごくまれに)獲れる冬は、個人的には結構好きなシーズンだったりします。

「たまらんばい永野」さんのガイドではつい先日66cm・10ポンドオーバーのガイド記録が出たそうですよ!!)

ですが雪になると琵琶湖までボートを牽引して行くのが怖くて、なかなか通えていないのがここ数年の状況です。
しかし長良川など、比較的近場でも釣りが出来る事が分かってきた今日この頃。。。
というわけで今年の冬は、もっと冬に練習をしようと思っているわけです。

(色々な方に乗せて頂いて、出張修行にも励ませて頂いております)

とは言え冬は、簡単に魚をキャッチ出来ないのはもちろんです。
しかし地形調査以外に冬でも出来る練習メニューとして先日気付いたのが・・・「キャスト練習」
琵琶湖のオープンウォーターがメインの私はテクニカルキャストが非常に苦手なのですが、その良い練習の機会になる事に気付いたのです。

そんなの近所の空き地でも出来るでしょ・・・というご意見もあるかと思いますが、やはり水辺に立たないと出来ない事もあります。
その代表的なシチュエーションの1つが、「オーバーハングへのスキッピングアプローチ」ではないでしょうか。

正直琵琶湖では使う機会がほぼありませんが、リザーバー等に行ってみると必要性を強く感じるテクニック。
いつまでも下手なままでは恥ずかしいなぁ・・・と、長良川ガイドである加木屋さんマーモチャンネルなどを参考にさせて頂きながら練習に励んでいる次第です。
と言うわけでまた機会をあらためて、スキッピング・アプローチについて少し書いてみたいと思います。

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ