バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[バスマスターへの道-9] アメリカで携帯電話とネットを使う最も簡単な方法

海外での命綱となる、携帯電話とデータ通信。
今使っているスマホを、アメリカでもそのまま使用可能!
簡単・格安の最強通信プランを紹介します。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

海外トラベルSIM

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
今回はバスマスター参戦の際、アメリカで携帯電話とネットを使うためにとった方法を紹介します。
まず日本から用意して行ったものが、IIJmioの“海外トラベルSIM”でした。

(IIJmioHPより。ちなみに普段からIIJmioの回線を使っていますが、お勧めです↓)

最初に3000円ちょっとで海外専用のSIMを買っておいて、今使っている(SIMフリーの)スマホに入れ替えるだけと簡単です。
データ量500MB・通話可能時間30分で4600円で、残量が無くなればリチャージして使えます。
格安とまでは言えないかもしれませんが、日本で契約して準備していけるメリットは非常に大きいと感じました。

(IIJmioHPより)

しかしこれには1つだけ弱点がありました。
取得できる電話番号が海外の番号(なぜかオランダ)のため、アメリカの場合国際電話を掛ける事になってしまうのです。
(自分がアメリカにいる時に、アメリカの人から掛けてもらう時)
この掛け方が煩雑なため、相手から電話やSMSを受けるのが難しい場合が発生してしまったというわけです。

しかもBassmasterトーナメントの場合、翌日のパートナーなどの連絡がなぜかSMSで送られてきます。
もしこれがうまく届かないようであれば一大事・・・という事で、急遽現地でアメリカの番号を取り直す事になったのです。

 

T-mobileのツーリストプラン

そこで利用してみたのが、T-mobileの”インターナショナル・ツーリストプラン
何と僅か30ドルで、2GBのデータ容量、1000分の通話時間、無制限のSMSが利用可能!
しかもSIMまで無料というのですから驚きです。

というわけで近くのT-mobileショップを検索し、勇気を出して店員さんに「ツーリスト用SIM下さい!」とお願いします。

すると拍子抜けするほど「はいよ」っとSIMを一枚渡されて、スマホに差し替えたら即使えました
日本で携帯を契約するイメージでいたので、あまりの簡単さに拍子抜けした次第です(笑)。

というわけで「アメリカに行くのであれば」、非常~に便利なT-mobileのツーリスト用プラン。
SIMフリー機なら)スマホも普段使っているものをそのまま使えるので、これが一番手っ取り早い方法ではないかと思います。
結果としてIIJmioのトラベルSIMは無駄になってしまいましたが、次回からはこれを使うようにする予定です。

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

アーカイブ