バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[SNS騒然!] “釣りガール”のあるべき姿をマジで語ってみる

タイムラインを騒がせた、一枚の衝撃投稿。
そして一途に夢を追う、一人の少女の物語・・・。
その様々な姿に、“釣りガール”のあるべきカタチを考えます。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

タイムライン騒然!衝撃の釣果投稿

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さてここ数日、あなたのタイムラインは騒がしくありませんか?
その震源地は、可憐な釣りガールの方がUPされた、この衝撃の投稿です。

64.8cm/4490g(!)というビッグバスの自己レコード更新もさることながら・・・
セクシーな釣りガールさんの演出に、胸の高鳴りを抑えられない男性諸氏も少なくないでしょう(笑)。

(ニーナさんのtwitterより)

ところで日本の”釣りガール”には、「男性アングラーの関心を惹きつけるためのビジネス戦略という意味合いが濃いと思います。
つまりビールの宣伝ポスターに、水着の美女が登場するような事と似ていると思うのですが・・・。
お仕事というだけでは無く、できれば本当に釣り好きの女性であってくれたらなぁと以前も少し書かせて頂きました。

(アングラーズアイドル2016より)

そんなわけで賛否色々あるかとは思うのですが、一番納得したのがこちらのご意見。
レスもたくさんついて大いに盛り上がっておりますが(笑)、確かにそういうエンターテイメントとしてアリなのかなぁと思わされた次第です。

(魚も人間も釣る?という意味で、ま、ともかく皆さんが楽しめるならアリなのかな・・・と)

 

釣りガールよ、大志を抱け!?

一方で時を同じくして、Nishine Lure Worksの西根さんも釣りガールの動画をシェアされていました。
それはカナダ在住の少女、エイバリーさんの夢と成長をシェアするコンテンツだったのですが・・・。
不覚にも私、これを見て涙しそうになりました

 
“I’m Just a Girl Who Loves to Fish”

自分自身で9.9馬力の小さなボートを駆って、日々フィールドに立つエイバリーさん。
そこには心から釣りを愛し

(今回の画像は、上記のyoutube動画よりお借りしております)

トーナメントに憧れ

(Bassmaster.comより)

夢に向かう一途な姿が克明に描かれていたのです。

(これにはもう、本気で感動させられました・・・)

釣りガールには、確かに色々なカタチがあって良いと思います。
色々な演出でみんなを楽しませてくれる存在も、それはそれで確かに貴重。
でも純粋に”釣り”そのものを愛する女性アングラーというのが、やはり本来的な意味ではないでしょうか。
そしてそうした釣り好き女性の方がもっと増えるように、女性が男性と同じように楽しめる環境が充実して欲しいと、娘を持つ1人の父親としても願っています。

(北米には、こんな夢を持つ釣りガールさんたちがたくさんいらっしゃるのでしょうか・・・)

そんなわけで遠く東洋の片隅から、本格派釣りガールさんたちの活躍を応援している次第です。
いつかきっと、彼女たちの夢が叶いますように!!

(そして私も、もう少し夢を追いに行きますよ・・・)

エイバリーさんのFACEBOOKはコチラ

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • 774
    • 2018年 5月 29日

    BeveL絡みってだけで胡散臭さ漂って来てしまうのがなぁ・・・

    • そそ、そうなのですかΣ(゚Д゚)!!

        • 774
        • 2018年 5月 30日

        BeveL=り◯か
        り◯か自体が色々と疑惑等言われてますしBeVeL絡みの釣りガールに関しては
        偏見なんでしょうが良くない方向のフィルターが自動的に掛かってしまいますね・・・

        • そそ、そうなのですね・・・Σ(゚Д゚)!
          すみませんこの手の話に全く興味が無くて、Bevelの事も存じませんでした(汗)。

    • ひろのすけ
    • 2018年 5月 30日

    せっかくKenDさんが取り上げてくれたブログに難癖つけるようで申し訳なく思いつつ、私も774さんと同意見です。カナダの少女だけにしてくれていたら、とカナダ少女の動画に見ながら思いました。

    琵琶湖でボート持っているKenDさんならマリーナでBEBELやりんか氏の話は聞いたことがないんでしょうか?
    まあ、彼らには数々の状況証拠はあれど直接証拠はないので、やっかみと言われればそれまでですが・・・。

    このブログを通してKenDさんから色々と勉強させていただいているのに、こんなことを書いて申し訳ありません。

    • いつもありがとうございます!
      正直この手の話に全く興味が無くて、Bevelの事も存じませんでした・・・すみません(汗)。
      エイバリーさんの話だけにしておけばよかったかなと私もちょっと反省しております(;´Д`)
      こうして読者の方から情報を頂けるのは大変嬉しい限りですので、今後ともよろしくお願いします(^^♪

    • yasu
    • 2018年 5月 30日

    悲しいかもしれませんが、女性が釣りをしている男性に男らしさを感じないのと同様に、
    釣りをしている女性に色気は必要無い気がします。
    性別に関係なく、エイバリーさんのように人としての魅了は必要だと思います。

    • はい、私も個人的には全く同意見で、純粋に釣り自体を楽しんで欲しいなと思います。
      そしてその姿を通して、エイバリーさんのように周りを魅了できる人であれば最高ですね(^^♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ