バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 藤田京弥選手、2018マスターズ制覇!!

“10年に1人”の逸材、藤田京弥がマスターズ制覇!
しかしそれは、歴史的快挙の序章に過ぎない!?
誰もたどり着けなかった高みへと駆け上がる、若き天才に注目します。

※写真は、藤田京弥選手のtwitterよりお借りしております

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

歴史的快挙の第一歩!?

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
少し遅くなりましたが、先週末はJBマスターズ最終戦が野尻湖にて行われました。
そして“10年に1人の逸材”と噂されるスーパールーキー、藤田京弥選手が見事AOYに輝きました!!

マスターズ参戦2年目(たぶん)にして、早くも3大タイトルの一つバスアングラー・オブ・ザ・イヤーの称号を手にした藤田選手。
TOP50シリーズでも年間ランキング2位につけており、参戦初年度でのチャンプ獲得という歴史的快挙の可能性もあります。

そのあまりに圧倒的な才能には、「10年に1人どころじゃない」という声も聞こえてきている今日この頃・・・。
10/12からの最終戦・霞ヶ浦に、どんなドラマが待ち受けているのか今からドキドキしてきます。


(4年前に同じタイトルを手にした、早野剛選手との頂上決戦に注目です。。。)

ところでのっけからタイトルレースばかりに注目してしまいましたが、優勝は伊藤康晴選手。
2日トータル6,512gのビッグウェイトで、後続を僅差で振り切っての栄冠でした。

長良川の若きエース、加木屋守選手も大健闘。
念願のTOP50昇格権を手にしたようで、トップカテゴリーで戦う「マーモ」の活躍にも注目です!

というわけで、次第にクライマックスへと向かう2018国内トーナメントシリーズ。
今月はTOP50最終戦バサーオールスタークラシックと、見どころ満載の決戦が目白押しです!!

(SITE Bより)

Basser ALLSTAR CLASSIC 2018特設サイトはこちら

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ