バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D] 奇跡のロクマル降臨!全てが異次元だった琵琶湖オープン参戦記

強豪ひしめくビッグトーナメント、「琵琶湖OPEN」。
初参戦の朝イチに、何とロクマル降臨!そして・・・!?
全てが想像を超えた、異次元のパラレルワールドをご紹介します。。。

スポンサーリンク

初めての国内最大級トーナメント

皆さんこんにちは、KenDです。
昨日は日本最大級バストーナメント、「琵琶湖OPEN」に初参戦してきました。

biwakopen

琵琶湖オープンは加盟の各マリーナでの受付・出発となるそうで、今回はレークマリーナさんにお世話になりました。

IMG_20160529_064241(サービスが迅速でトイレも綺麗・・・女性ゲストさんにもお勧めの素晴らしいマリーナでした!)

そして今回の戦略ですが、あえて(というかいつも通り?)「流れとベイト」だけをシンプルに追う事にしました。

2016.05.12

季節柄、ミッド~アフタースポーンに絡むバスをスローな釣りで狙うのも王道だと思います。
しかしネストのサイトはやらない事にしていますし、慣れないスローダウンゲームでは歯が立たないと考えたからです。

というわけでプラでは、ベイトの種類多いエリア、そしてそれを追い込める地形探しに専念しました。
最もキーになると考えたベイトはコアユ、そしてピックアップした岬状のウィードのピンは6か所でした。
しかし上の記事でも書きましたが、いわゆる朝夕のプライムタイムしか反応を得る事が出来ず・・・。

55UP(こちらはショットオーバー3で55。どれも単発傾向・・・)

そうは言っても修正するだけの引き出しも無いので、ともかくマイゲームを貫くつもりで大会に臨みました。
 

奇跡のロクマル降臨!

そして7:30、受付のレークマリーナから大会スタート。
霧の中、一路狙いのピンにバウを向けました。

IMG_20160529_073027(たくさんのバスボートのアイドル音がこだまするスタート・・・アメリカみたいで?痺れます!)

ここで予想外の好運が訪れます。
この日はバリバリの高気圧予報だったのですが、濃い霧はスタート後もまだ晴れません。

そしてまさかと目を疑いましたが、ファーストスポットには見渡す限り一艇も浮いていません・・・。
天から降って沸いたようなコンディションに、思わずリック・クランが優勝を決めた最終日の事を思い出しますw

CeBRxMXWAAEQ8zj

そしてクリアアップした水質とアユを考慮して、絶対の信頼を置く「スタッガー5+Jクラスター」の黄金コンビをキャスト!
水深3.5mエリアの、ウィードトップ2m前後を1/2ozで狙っていきます。

IMG_20160523_142620

そして核心のピンスポットをクリア後、「どす」、というヘビー級の鈍いバイトが!

shotover3(※画像はイメージですw)

一瞬ボートから落水しそうになりながらもw、必死で耐えてランディング成功!
何と1本目から、奇跡のロクマルGET!!!

IMG_6574(しかも、今シーズン1本目の60UPでした・・・アフター回復系?)

今日は勝てるかも・・・。
そんな思いが頭をよぎった瞬間、霧は晴れあがり太陽の光が頬を射しました
そして、このゲームは終わりました。

sun-203792_640
 

異次元のミラクルウェイト

その後は巻き続けるも、ワンテンで豆サイズやギルが釣れたのみ。
最後の1時間は焦って6インチセンコーのノーシンカーに手を出すも、付け焼刃のライトリグにはバイトすらありませんでした。

結果、リミットを揃えられず3kg台前半にてフィニッシュ。

IMG_20160529_132026(今思えば、どうせなら巻き切れば良かったなと・・・。)

しかし衝撃を受けたのは、その結果。
揃えられなかったので仕方ないのですが、何と入賞圏内の50位にも入る事が出来ませんでした。
そして・・・驚愕の優勝ウェイトは、9320g(3本)!!

102(BIWAKO OPEN公式HPより。野尻湖の凄腕の方だそうです・・・)

このウェイトの凄味を、果たして数字から感じて頂く事が出来るでしょうか。
その時私が思ったのは、「自分のロクマルを3本揃えても、まだ優勝には届かなかったのか・・・」という事でした。
(しかも、5位でも7kgオーバーw)

それはもう悔しいとかそんな気持ちでは無く、ただひたすらに「脱帽」
あまりにも雲の上過ぎるこの大会のレベルに、一瞬気が遠くなりそうになったほどでした。

IMG_20160529_142330_1(300名規模の参加者の、その内容がまた強烈でした・・・)

そしてその優勝メソッドは、「ネコリグの中層スイミング」との事。
北湖のサイトフィッシングをも超える、異次元のパターンが南湖に存在した事に驚かされました。
(実はその魚の存在には薄々気付いていたのですが、どうしても喰わせる事が出来ませんでした・・・)

湾ベイト

と言うわけで予想通り手も足も出なかった(苦笑)、初めての琵琶湖オープン。
あらためてバスフィッシングの奥深さを実感(痛感?)する、貴重な機会となりました。
今はまだ、何をどうしたら良いか全然分かりませんが・・・自分にとって本当のバスフィッシングが、これから始まるような予感がしています。

それでは貴重な機会を下さった参加者の皆様、そして運営の方々、本当にありがとうございました!

 
※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

    • ふじ
    • 2016年 5月 30日

    私の友人も日曜日にボートで出撃したようですが、前日に教えておいたロールアクション系ミノーただ巻きメソッドで爆発したそうです。
    週中に雨が降ったので北湖からの子アユがなだれ込んで来てると読んだので…
    (土曜日に北湖で釣りをしましたが子アユをバスがずっと追っていてハーレム状態でした)
    レイクマリーナさんは綺麗だしスタッフも親切でいいですね。私はレンタルしかやらないですが、あそこで借りられなかったらボート釣り諦めるくらいあそこでしか借りる気がありません。えらそうな態度のスタッフのマリーナも多いので…

    ちなみに私事ですが、結局アルデバランBFS購入しました。
    PE1.2号にフロロリーダー16lbsで使用しましたが良い感じでした
    今週末で引っ越しの準備が終わりますのでそろそろ浜名湖に顔出せそうです。

    • >ふじさん
      ミノーただ巻きハーレム、いいですね!
      今年は南湖でも鮎が多く、キーになりそうですね。
      アルデバランBFSを引っ提げて、ぜひ浜名湖にお越しください(^^♪
      (よろしければ6/19にイベントなどもありますので・・・)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ