バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 早野剛史選手、2018TOP50チャンピオン決定!!

日本トーナメント史の転換点となるであろう、2018年。
その激動のシーズンに、早野選手が悲願の初AOY!!
新たなスターの誕生に、変わりゆく時代の夕陽が沈みます。。。

※タイトル画像は、早野剛史選手のtwitterより

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

早野剛史選手、AOY!!

皆さんこんばんは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて、秋のタフな霞ヶ浦で行われたTOP50最終戦・・・。
最終7位フィニッシュを決めた早野剛史選手が、見事初のAOYに輝きました!

初日16位でスタートした時は、まさかの結果になってしまうのかと肝を冷やしましたが・・・。
次第に状況にアジャストし、着実に順位を上げていったのはさすがとしか言いようがありません。
たとえ藤田京弥選手が優勝しても逆転を許さないポイント差で、終わってみれば横綱相撲の感すらあるタイトルレースでした。

(JB/NBC公式HPより)

そして最終戦の優勝者は、150g差のオーバーテイクを見せた江口俊介選手!

(JB/NBC officialsite twitterより)

大量リードの福島健選手が逃げ切りを決めるかと思いきや、最終日はリミットメイクすら困難な超・タフコンディションに。
(5尾揃えたのは、なんと山岡計文選手のみ!)
その状況で値千金のキロアップを仕留め、見事な大逆転劇を見せてくれました。

(JB/NBC公式HPより)

というわけで激動の2018シーズン、悲願の初タイトルを決めて新時代の旗手に躍り出た早野選手。
藤田京弥選手を含め、次世代の主役たちがその頭角をあらわにしてきた一年だったのではないでしょうか。
そして日本バストーナメント界は、空前の大変革を迎えようとしつつあります。。。
(詳細については、またあらためてまとめてみたいと思います)

View this post on Instagram

. 一日早く自分の最終戦は閉幕、2018年のTournamentも終戦。  45位予選落ち。  これが今の自分の実力。  期待に応えられず、申し訳ありませんでした。  #Top50残留資格 #今年は29位まで。 #最終予想ランク30位 #Top50降格 #ボーダーライン。 #河辺プロ #34年間共に競う #RuleisRule #叶わぬ想い #重大な決断 #Lastbass. #imakatsu #今江克隆 #イマカツ #basspro #katsutakaimae #bassfishing #bassfishingtournament

IMAKATSUさん(@imakatsu_info)がシェアした投稿 –

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 10月 15日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ