バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 関和学プロ引退!!そして今江プロまでも・・・!?

新世代のチャンプの誕生で、幕を下ろした2018TOP50シリーズ。
しかしその影で、国内トーナメント史を飾ったスターに落日が・・・。
レジェンドの意義と、トーナメントのあるべき姿を考えます。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

※タイトル画像は、関和プロのFBページより

関和プロ、引退!!

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
早野剛史選手のチャンプ決定で幕を閉じた、2018TOP50シリーズ。
新世代のチャンピオン誕生に、大きな時代の変化を実感させられた最終戦でした。

(早野選手のFBより)

その霞ヶ浦戦の舞台に、また別の大きな激震が走りました。
長年TOP50で活躍し続けてきた”顔”とも言える大ベテラン、関和学選手が引退を表明されたのです。
LIVEを見ていた方々には、かなりのショックを受けた方も少なくないのではないでしょうか。

この日も見事4位表彰台を獲得し、まだまだ一線級の実力を証明した関和プロ。
大怪我から不死鳥のように蘇り、2016年にエリート5を制した感動は今も忘れられません。
“マジオカ”などの人気番組でもおなじみの、人気・実力を兼ね備えたトッププロだけに、たまらなく寂しい思いをしている方は少なくないことでしょう。

最後の引退試合となるのは、今月末のバサーオールスタークラシックになるとの事。
今は最高の大舞台で、去り際の花道を鮮やかに飾って頂きたいと願うばかりです。

(つい先日霞ヶ浦に行った際は、関和プロのお店「LiMiT」さんに大変お世話になりました。ありがとうございました・・・)

 

まさか今江プロまでも・・・!?

そしてさらに衝撃を受けたのは、“日本バストーナメント界の帝王”今江克隆プロの動向です。
今江プロは今シーズン、年間ランキングを30位でフィニッシュ。
ちょうどTOP50に残留できるボーダーラインだな・・・と思っていたところ、なんと今年のデッドラインは29位だというのです!!

View this post on Instagram

. 一日早く自分の最終戦は閉幕、2018年のTournamentも終戦。  45位予選落ち。  これが今の自分の実力。  期待に応えられず、申し訳ありませんでした。  #Top50残留資格 #今年は29位まで。 #最終予想ランク30位 #Top50降格 #ボーダーライン。 #河辺プロ #34年間共に競う #RuleisRule #叶わぬ想い #重大な決断 #Lastbass. #imakatsu #今江克隆 #イマカツ #basspro #katsutakaimae #bassfishing #bassfishingtournament

IMAKATSUさん(@imakatsu_info)がシェアした投稿 –

これは他でもない今江プロご自身のinstagramで公表されていたのですが、初めて降格圏に落ちてしまったとの事。
とはいえTOP50には永久シード権があり、JBレジェンドの筆頭である今江プロはこれを行使して残留することが出来るのですが・・・。
かねてから今江プロはこの制度に異を唱えてきただけに、それを使うのか否かに大きな葛藤を抱かれているようです。

View this post on Instagram

. Top50 tour trail年間ランキング30位。  次年度残留資格は今年は29位までに。  永久シード権を初行使すべきか否か、今は自分と向き合う時間が必要。  応援、ありがとうございました。  #permanentseedplayer #29位同点総重量負け #予感的中 #バス釣りの神様 #メッセージ  #ジャンボ尾崎の誰とも違う生き方。永久シード権と「プロとして適切」。 #Numberweb  https://number.bunshun.jp/articles/-/830663?page=1  #imakatsu #今江克隆 #イマカツ #basspro #katsutakaimae #bassfishingtournament

IMAKATSUさん(@imakatsu_info)がシェアした投稿 –

K.imae Today’s Tips 1600『不完全燃焼』

この永久シード権についての個人的な意見としては、私も今江プロと同じく完全に廃止すべきであると考えています。
ネット上の声を検索してみると、選考基準が曖昧・かつ不公平であるという批判がたくさん出てきます。
これではTOP50がアンフェアなトーナメントだと思われてしまいかねず、非常にシリーズの価値を毀損してしまっていると感じるからです。

(今江プロのブログより。現在の永久シード権は、今江プロ、下野プロ、泉プロの3名のみとなっているそうです)

しかし、では今江プロをはじめとしたレジェンドアングラー無しにTOP50シリーズの人気を保てるのか?という不安の声は確かに的を射ていると思います。
現在トーナメントを支えているファンの世代は、当ブログのJB記事を読んでいる層の解析によれば40代が中心。
まさに彼らの憧れの的であったレジェンドの存在なしに、若手の実力派アングラーのみでシリーズの魅力を維持できるかは疑問と言わざるを得ないでしょう。
(もちろん、早野選手や藤田選手の実力に疑いの余地はありませんが・・・)

 

明確な基準のある”レジェンド枠”を

ここで思い当たるのは、アメリカのBASSMATERエリートで採用されているレジェンド枠(通称)」の制度です。
これはシリーズ残留のボーダーラインを割ったとしても、生涯平均順位の上位者については一定の決まった枠内で出場資格を与えるというもの。
過去、リック・クラン大森貴洋プロ、清水盛三プロ等もこれを行使してエリートに継続参戦したことがありました。

この制度の重要なポイントは、客観的な計算式によって決められる”フェアなシステムだという点ではないでしょうか。
レジェンド枠の定員が決まっていれば、悪成績が続いて生涯平均順位が下がっていけば、いずれはどんな有名選手でも残留資格を喪失します。
このように透明性の確保された仕組みであれば、恣意的な選考基準という批判を避けられるのではないかと思います。

バス・トーナメントというのは非常に不安定なスポーツで、継続して好成績を残す事が非常に困難
その意味では単年度の成績不振のみで切ってしまうのではなく、長年安定して成績を残したという“結果”をある程度評価しても良いのではないかと・・・。
こうした仕組みでベテラン選手の出場を担保する事で、若手・ベテランの入り混じるファンにとって魅力的なトーナメントを作り上げることが出来るのではないでしょうか。
全米、いや全世界のバスファンを沸かせたリック・クランの最年長優勝劇のようなドラマが、トーナメントシーンにぜひあって欲しいと願わずにはいられません。

(bassmaster.comより)

日本では2016年に、沢村幸弘プロが最年長優勝記録を打ちたてましたが・・・。
少年時代に今江プロに憧れ、釣りトップの”バスプロ・ユニバーシティ”を読み漁った私としては、今江プロにはぜひこの記録を更新して欲しい!
こうした思いを抱くたくさんのファンの願いと、今江プロの信条、そしてトーナメントの公平性のすべてを守るために。。。
ぜひ来年からの出場資格に、こうしたレジェンド枠を設けて頂きたいと願う次第です。

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • としとし
    • 2018年 10月 16日

    今回の記事は激しく同意します。
    永久シードの3名の内とある1名の方は道楽のような感じで毎戦毎戦今回は予定飽いてるし出よっかなって感じで出場していました。あの憧れの最高峰の舞台を、、、
    一方今は出場してませんが、薮田プロがマスターズからTop50に昇格権を得たときのブログでは涙流して喜んだと綴ってました。この温度差はなんだと昔から疑問に思ってました。

    • コメントありがとうございます!
      TOP50には、多くのアングラーが「人生を賭けて臨むトップトーナメント」であって欲しいですよね。。。

    • しがない釣り人
    • 2018年 10月 16日

    色々難しい所はあるだろうけど潔く一度退いた方がいいと思いますねえ…トップ50がこれからも真剣勝負の場であり、国内トーナメンターの憧れの舞台であるためにも。

    それにいやらしい話、ここで無理に残留より一度降格からのJB2ぶっちぎりで勝って来季復活!の方が今江プロとしても新しいファン層獲得できるのでは…なんて思ったり()

    • そうですね、降格からの下位カテゴリーぶっちぎりで復帰!なんて展開になったらカッコ良すぎますね(^^♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ