バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] エクスプライド165ML+はシマノ版ワンテンスティックでした

世界基準のジャークベイトロッド、”ワンテンスティック”
しかし小型のルアーには、少しパワーが強めな事も・・・
日本のフィールドに最適化された、国内版ワンテンスティックをシェアします。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

日本版ワンテンスティック

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて長期連載となって参りました“ジャークベイトロッド特集”
専用ロッドの条件や、私のお気に入りロッドなどを紹介させて頂きました。

私自身はワンテンスティックを気に入っているのですが、ルドラ等をジャークしない方にはちょっと強過ぎという一面もあります。
だから早く房総リザーバーに最適な一本を教えてよ!と各所から急かされておりますので・・・(笑)。
結論から書いてしまいますと、国内で最も使いどころの多いジャークベイト専用ロッドエクスプライド165ML+ではないかと考えています。

 
これはメガバスからシマノに移籍した深江真一黒田健史プロの両名が、「やっぱワンテンスティック欲しいよね・・・」という事で開発をスタートさせたとの事。
わざと先重り気味に設定されたバランス、あえてグラスを10%混ぜたポヨンとしたテーパー・・・。
ハイパワーXがどうだこうだといった技術の違いはありますが、結果としてまさにワンテンスティックの味付けに仕上げられていると思います。

(「黒田健史のいろはにほへと」より。これは試行錯誤の段階から傍で見てきました・・・)

「エクスプライド 165ML+」

というわけでまんま「シマノ版ワンテンスティック」な165ML+ですが、一つ重要な違いがあります。
それはパワー設定が半~1ランク弱めに設定されているというポイント。
これによってワンテンクラスを上限に、90mmクラスの小型ジャークベイトが快適に扱えるようになっているのです。

(O.S.Pのアシュラとか名作ですよね。。。)

どうしても琵琶湖がメインになってしまう私だと、このクラスの小型ミノーを使う機会はめっきり減ってしまったのですが・・・。
リザーバーなど一般的な国内のフィールドであれば、この手のスモールプラグを使う機会はかなり多いと思われます。
その意味で165ML+は、国内で使うのに最適な「日本版ワンテンスティック」と言っても良いかもしれません。

(ルドラクラスのジャーキングにはしんどいですが、ポンプリトリーブくらいならいけると思います)

 

クランク兼用ロッド

というわけでリザーバー用のジャークベイト専用ロッドであれば、私のイチオシはエクスプライド165ML+なのですが・・・。
正直、ジャークベイト用だけで1本用意するのはキツイと思われる方も少なくないと思います。
そんな方にクランク兼用ロッドとして私がお勧めしたいのは、ワイルドサイドWSC66MLです。

(多少疲れるかもしれませんが、十分ジャークベイトに使えると思います)

これは中量級プラッギング用オールマイティー・ロッドとして設計されているそうですが・・・。
いやいやクランク巻くならグラスでしょ!とか、ジャークベイトにはワンテンスティックでしょ!と言い出すとちょっと中途半端な位置付けになってしまう気もします。
しかしリザーバーでの使用においては、もしかしたら最高にちょうどよいのではないか?と個人的には考えています。

それというのも房総のようなリザーバーでは、カバーを絡めた近距離での使用が多くなるのではないかと思うからです。
こうしたシチュエーションにおいては、ちょっと太めのナイロンを組み合わせた低弾性カーボンロッドの投げやすさが生きてくるのではないかと。
ナイロンだと手首にかかる衝撃が緩和されますし、クランクにおいてもグラスロッドより、アキュラシーが高まるためにむしろ使いやすいのではないでしょうか。

(ロングキャストすると伸びが多くて使いにくくなってしまいますが・・・)

というわけで、ジャークベイトをガッツリやり込むんだ!・・・と意気込んでいる方にはエクスプライド165ML+を。
ナイロンを組み合わせて、時々ジャークベイト、のちクランクも・・・という方にはワイルドサイドWSC66MLをチョイスして頂くのが個人的おすすめです。
どちらもまずまず買いやすいプライス設定だと思いますので、ぜひ試してみて頂きたいと思います。
(ちなみにWSC66MLは、ボートシーバス用にもかなり向いているかと・・・)

 

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • yoko
    • 2018年 10月 27日

    kenDさま

    まさか165ML+のインプレまで書いてくださるとは(涙)

    確かこちらのロッドの方が軽いんです。エクスプライドの方が疲れないだろうと。

    でも、オロチカイザのインプレを拝見させていただき、それだけでは無いんですよね。

    今持っているファーレンハイトPV164MLの特徴も見直す良い機会となりました。本当にありがどうございます。

    • ご参考になりましたら幸いです(笑)。
      バランス的なものはそのままに、一回りライトにしたような感じだと思いますので、使うルアーによって選び分けると良いかと思います(^^)!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ