アメリカBASSトーナメント参戦を目指すアマチュアバサー、KenD(けんでぃ)の奮戦記をお送りします。。。

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 雨でもお尻が濡れない!”ドライシート”が本気で快適だった件

雨の日のボーターを悩ませる、嫌~な雨浸み問題。
腰回りをジワジワ冷やす浸水は、気分も釣果もダダ下がり・・・
迷えるアングラーを救う、画期的アイテムを紹介します。

※タイトル画像はCUSTOM SEST.jpより

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

雨浸み対策の決定版

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
梅雨前線が発達しているそうですが、本当に雨続きの7月になっていますね。
そんな雨の日にボーターを困らせるのが、“お尻の雨浸みでは無いでしょうか。

もちろん高機能のレインウェアを着るわけですが、体圧がダイレクトにかかる部分は特に浸水しやすいと思います。
移動中、ジワジワと腰回りが冷たくなっていく感覚は本当に嫌なもの・・・。
終わってみればパンツまでビショビショ、なんていう経験をしたアングラーは多いのではないでしょうか。

私もそんな雨浸みに悩まされていた一人なのですが、最近導入したドライシートマットが最高に快適でした。
これは一言で言えばハードメッシュ生地で出来たシート用のクッションで、イスやクーラーBOXなど座面の上に置くだけ。

適度に硬いのでクッションが潰れず、空気が通るのでお尻の下が水浸しにならないという仕組みです。

(©customseat.jp)

知人にお勧めされたので試しに買ってみたのですが、これが本当に超快適!!
雨の日でも全く浸みて来なかった上、暑い日に汗で蒸れてベタベタになるのも防げます。
しかも厚いのでクッション性も高く、ボート走行時の衝撃も緩和できるというオマケつきです。

(©customseat.jp)

メーカーHPはこちら

ちなみにシートの上から被せるドライシートカバーもあり、バスボートユーザーの間で静かなブームになっているようです。
こちらは高価なシートが破れないようにする保護機能もあるそうで、張り替えコストに悩むボーターには救世主と言えるのではないでしょうか。

(©customseat.jp)

というわけでカスタムシート.jpさんのドライシート、雨浸みになやむボーターの方には超・お勧めです。
レンタルボーターや小型艇ならマットタイプ、バスボーターならシートタイプを選ぶと良いと思います。
ウェアはじめ雨の日の快適装備は釣果に直結すると思いますので、よろしければぜひお試しください。

注文フォームはコチラ

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年7月
« 6月   8月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ