アメリカBASSトーナメント参戦を目指すアマチュアバサー、KenD(けんでぃ)の奮戦記をお送りします。。。

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] ウィードカッターは”モータージャケット”がベスト!?

夏のウィードレイク攻略に、欠かすことの出来ない“ウィードカッター”
手返しが大幅に向上するものの、折れるのが唯一の泣き所。。。
切れ味バツグンでしかも丈夫、お勧めの一品を紹介します。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

夏の必須アイテム”ウィードカッター”

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
夏から初秋の今時期にかけては、各地のグラスレイクでウィードの伸びが最盛期を迎える事と思いますが・・・。
伸びすぎたウィードはしつこくエレキに絡みつき、ボートの動きが封じられてしまいます。

そんな悩めるバサーを救うお助けアイテムとして、私は刃物屋さんが作ったウィードカッターを愛用してきました。
その効果は絶大で、エレキを上げてウィードを取り除く手間が劇的に減少するからです。
ただし私の使い方だと1年くらいでパキンと折れてしまうので、定期的に交換する必要がありました。

(使い方荒過ぎかもしれませんが・・・汗)

そんな破損に悩まされていた私に、あるフォロワーの方が「良いウィードカッターがあるよ」と教えて下さいました。
それがモータージャケット(ビルド)”で、耐久性・切れ味ともに抜群との事。
お値段が少々張るのですが、前のウィードカッターが折れたのを機に試してみることにしたのです。

購入はコチラ

 

ぴったりフィットで切れ味バツグン?

というわけでさっそくモータージャケットを取り付けてみたのですが、あっけないほどすぐに装着出来ました。
二股に分かれた溝部分をエレキのスケグの間に差し入れ、バンド一枚で締めるだけ
刃物屋さんのウィードカッターはバンド2枚だったので、特に取り外しが多い場合は非常に便利です。

そして肝心の切れ味はというと、これはもうモータージャケットの方が圧倒的に良く切れます
刃の形状はあまり変わらない気もするのですが、よりピッタリとエレキに密着しているのが効いている感じがします。
水面まで伸びたエビモ・ササバモのパッチに思い切り突っ込んでも、回転が止まることなく脱出できるのは爽快の一言でした。

(杉村ガイドのブログより。クリアランスが狭いので、ウィードが隙間に入りこみにくいイメージです)

ウィードカッター buildのモータージャケットのお話!

 

耐久性も上々!

さらに耐久性についてなのですが、去年から1年以上経過してもまだバリバリに使えています。
刃物屋さんのは4本の足で接地して本体が浮いているため、どうしても刃をしならせる力が働くわけですが・・・。
モータージャケットは1点止めなので、そうした力が本体に伝わりにくいのが効いているのかもしれません。

というわけで切れ味バツグンで、耐久性にも優れるモータージャケット
長期テストはまだこれからですが、ズレも無く非常に快適に使えています。
3年以上もてばコスパ的にも上回ると思いますので、今後も定期報告していきたいと思います。

(もちろん刃物屋さんのもリーズナブルで良いですけどね。。。)

 ※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ