アメリカBASSトーナメント参戦を目指すアマチュアバサー、KenD(けんでぃ)の奮戦記をお送りします。。。

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[長期リポート] KDWクラッチの耐久性と落とし穴

リールカスタムの王道として、今や定番となった“オフセットクラッチ”
ドレスアップに興味ないアングラーに、導入する価値はあるのか?
酷使下の長期レポートと、率直な注意点をお伝えします。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

KDWクラッチの耐久性はいかに?

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて今回は、愛機バンタムMGLに使用している、KDW製オフセットクラッチの長期レポートをシェアしてみたいと思います。

まず私がこのクラッチを使用している最大の理由は、純正クラッチの破損を避けるため」です。
部品交換すれば良いだけと言えばそれまでですが、その日の釣りが台無しになってしまうのが嫌でして・・・。
ちなみにメタニウム系やアルデバラン系等様々な機種で、樹脂製クラッチの破損が報告されています。

(片岡選手のクロナークも。シマノさん対策お願いしますよ。。。)

というわけで、アルミ削り出しWビス留めのKDWクラッチならさすがに大丈夫だろうと導入したわけですが・・・。
2年近い酷使の結果分かったのは、バス用としてはやり過ぎなくらい耐久性が高い」という事。
本体が割れるどころか、1本のネジの緩みすらなかった事を正直に報告しておきます。

(フルメタルどころかアルミ削り出しって、コンクエストのボディじゃないんだからw)

 

KDWの策略

というわけで大変気に入って使っているKDWクラッチなのですが、一つだけ落とし穴があります。
代表のカケヅカさんはブロガー仲間なので言いにくいのですが、純正クラッチと高さが全然違うのでフィーリングが激変。
サミングしやすくなるので良いかと思いきや、逆にノーマルがものすごく使いにくく感じられてしまうのです。

(KDWクラッチを使い始めるまでは、全然気にしていなかったのですが。。。)

するとどうなるかというと、試しに1個買ってみる → 結局全部KDWクラッチに交換したくなるというメーカーの策略にハマる事に(苦笑)。
タックル数が少ないオカッパリスタイルならまだしも、ベイトリールで十数台とかいうボーターだとかなりの出費になります。
ぶっちゃけ私は試作品をいくつかお裾分けしてもらったので助かっているのですが、全て購入するのはなかなかにキツいものがあるでしょう。

(©HEDGEHOG STUDIO)

ヘッジホッグスタジオさんの販売ページはコチラ

本来はドレスアップ目的のパーツだと思うので、各種カラーが豊富にラインナップされているわけですが・・・。
綺麗な表面処理とか無しの簡易版で、5個入り大容量パックとかあったらトーナメンターは嬉しいのではないかと思いました。
逆に言えばリールカスタムに何の興味もない実用一点張りのアングラーにとっても、機能性部品として有用なパーツだというのが私の結論。
何を隠そう最初は「要らない」と思っていた(し、実際カケヅカさんにもそう言っていたw)私ですが、今では掛け値なしに手放せなくなっています。

(クラッチの破損に泣かされた経験のある方にはお勧めです)

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ