アメリカBASSトーナメント参戦を目指すアマチュアバサー、KenD(けんでぃ)の奮戦記をお送りします。。。

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] カバースキャットに負けない!?おすすめ代用ワーム

琵琶湖で猛烈にブレイクした、“カバースキャット”ノーシンカー。
しかしあまりの人気っぷりに、品薄過ぎて購入できない!?
本家に負けない釣獲力を誇る、代用ワームを紹介します。。。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

悩ましき最強ワーム

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
最強ソフトベイトとして琵琶湖を制し、全国にまで広がりを見せつつあるカバースキャット(DEPS)”
プロガイド勢もメーカーの枠を越えて、この手の釣りを取り入れざるを得なくなっているほどの釣れっぷりです。

そんな圧倒的な釣獲力を持つカバースキャットですが、泣き所は何と言っても「手に入らない」こと。
フリマサイトでは驚きの高値で取引されるなど、品薄状態は一向に改善しそうにありません。
そんなわけで今回は、代わりに使用できる代用ワームについてお話してみたいと思います。

(特にグリパン/ウォーターメロン系はヤバイかと。。。)

 

何でも良いわけじゃない

ところで冨本プロがこの釣りを確立しつつあった数年前、私もさっそく真似をさせてもらいました。
とりあえず高比重ワームなら何でもイイだろう・・・タカをくくっていたのですが、結果的にボコボコに釣り負けることに(泣)。
特に絶対の信頼を置いていたファットイカで、沖島でコテンパンにされたのは非常にショックでした。

(もちろんカバー撃ちなど違う用途ならイカが勝つこともありそうですが)

それから私なりに色々なワームを試してみた結果、いくつかポイントとなる要素が浮かび上がってきました。
1つ目は水を切る」動きをすることで、抵抗となるパーツが無くクイックなアクションが出るものがgood。
実はファットイカのスカートを切ってみたところ、途端にバイトが増えて驚かされたのです。

(それただのイモじゃん・・・と云ふなかれW)

そして2つ目は後方重心で、お尻側がボテっと重くなっているものの反応が良いように感じました。
これはおそらくですが、その方がより移動距離が少なくなることが効いているのではないかと思います。

3つ目は当然のことながら比重で、特に10m超えのスーパーディープで使うならカバースキャットの重さは圧倒的です。
これについては同じ使用感が得られる市販品が他に無いので、ネイルシンカーを入れて重さを足してやらないといけません。
また深いポイントを攻める場合は、手や足がついているとフォールが遅くなるので非常に使いにくくなります。

(南湖の4~5mくらいまでだったらボディパーツがついていても良いと思いますが)

そして最後に素材もかなり影響がある気がしていて、上の条件を満たしていても釣果に差が出るように感じました。
私の思い過ごしかもしれないので具体的な製品名は書きませんが、特に長時間ステイさせた時に違いが大きくなる印象。
今確認出来ている範囲では、少なくともデプスとゲーリーの素材は良く釣れるような気がします。

 

デスアダースティック6.5改

そんなこんなで様々な製品を試してみた結果、個人的に一番イケると感じた代用ワームは“デスアダースティック6.5インチ”でした。
サイズを合わせるために前から14節目でカットし、腹側に1.8~3.5gのネイルシンカーを挿入(水深やカバーの濃さによって調節)。
最後に切り口の頭を丸く整えてやれば、カバースキャットとさほど遜色ない釣れっぷりになるように思います。

注意点としてはまず必ずワームが水平にフォールするように、ネイルシンカーの位置を調節する事です。
合わせるフックやウェイトによって微妙に変わるのですが、なるべく真ん中に近くに寄せた方が良いでしょう。

(これぐらいの位置から、なるべく水平に刺していきます)

またカバースキャットのようにスリット(溝)が無いので、フッキング率を上げるならワイドゲイプフックをお勧めします。
どうしてもナローゲイプを使いたい場合は、カッターで腹側に切れ込みを入れないとスッポ抜けが多くなるので気を付けて下さい。

(私はピアスフックTCの#5/0をメインに使っています)

こうして作ったデスアダースティック6.5改を使って、本家カバースキャットよりもたくさんのバスを釣ってきました。
それはもちろん手持ちのカバスキャが少ないからで、試合本番なら絶対オリジナルを使うと思いますが・・・。
ほぼ遜色ない釣れっぷりになると感じますので、手に入らないとお嘆きの方はぜひ試してみて下さい。

(これならどこでも買えるし色も選び放題かと!)

 ※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • AWJ
    • 2021年 4月 07日

    いつも楽しく読ませて頂いております。
    今回のカバースキャットの代用品ですが、ノリーズさんのフリップドムってどうなんですかなぇ?
    まあ、こちらもあまり店頭で見かけないっちゃあ見かけないんですが、なんかイケそうな気がするんですよねぇ。
    ウチの近所にはどちらも売ってないので試せないんですけどね。
    琵琶湖の方でも売ってないのかなぁ?フリップドム。

    • いつもありがとうございます!
      確かにフリップドムも使えそうですね(^^♪
      ただ、言われてみれば最近こちらでも見かけないような・・・。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2021年4月
« 3月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ