アメリカBASSトーナメント参戦を目指すアマチュアバサー、KenD(けんでぃ)の奮戦記をお送りします。。。

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[バンタム &20メタ向け] ジーニアス・BHKフックキーパーの取付法

斬新なアイディアで非常に便利な、リール取付型フックキーパー
しかしバンタムなど、一部のベイトには装着できない?
皆様からの知恵をかき集めて、簡単に取り付ける方法を考えました!

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

バンタム&メタへの取付法

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて先日紹介した、超絶便利なBHK“フックキーパー(ジーニアス)ですが・・・。
18バンタムや20メタなど、ネジ受け部が凹んでいるリールには取り付けづらいという欠点がありました。

そこで皆様から色々アドバイスを頂いた結果、何とかうまく装着出来るようになりました。
というわけで今回はその方法を紹介してみたいのですが、まず用意するのは#1のスプリットリング
これをリール本体のネジ受け部にはめると、何とこれがシンデレラフィットしてしまうのです(笑)。

(このちょうどいい大きさのワッシャーって探してもなかなか無いんですよね・・・)

ただし一枚では少し厚さが足りず、かといって2枚では厚すぎる・・・。
というわけで#1のスプリットリングを切り、半分にしてしまいます。
(KTCの倍力ニッパなどを使うと便利です)

これを先ほどの一枚に追加し、1.5枚分はめるとちょうどツライチになるというわけです。

けれどもこれだけでは、ネジがボディに噛む部分が短くなってしまい強度的に不安です。
ですから2mmほど長いボディ後方のネジ(写真参照)を部品注文し、元々のフロントのネジと交換。

最後にネジ止め剤を塗っておけば、剛性に対する不安も無くなるのではないでしょうか。

(ネジの頭が少し薄いのもGOODです!)


(部品番号74番。ただし汎用のM2.6×8でいけそうです。。。)

これにて無事、愛用する18バンタムMGLでもBHKフックキーパーが快適に使えるようになりました。
アドバイスを下さった皆様には、この場を借りて深くお礼申し上げます。
手近にある材料で簡単にできますので、装着を諦めていた方にはぜひ試してみて頂きたいと思います。

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2021年10月
« 9月   11月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ