バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

琵琶湖激変!アマゾン川化で春爆開始・・・!?

2015/03/19(木)
[06:00]曇り/弱風
気温 13度/大潮
水温 瀬田川 10.5
雄琴沖 10.5
琵琶湖大橋 9.9
5点平均水位 0cm
放水 180t/s

スポンサーリンク

今シーズン、初となる本格的な琵琶湖釣行に赴いてきました。
前夜から降り続く暖かい大雨の影響で、水位は一気に7cm上昇。
これはシャローで春爆でしょう!と、各流入河川絡みのシャローカバーを撃って巻いてランガン!

流入河川からは流れ込む濁り水は、何と14℃台!
つい数日前までの一桁台から、まさに激変です。

20150320_070311

(写真では分かりにくいかもしれませんが、流入河川周りはまさにアマゾン川です。)

とにかく暖かい流れを追い求めて各所を回るも・・・気付けばゼロのまま午前終了。
釣れる気しかしていなかったのですが、何かがおかしい???

冬ポジションに狙いを移して、魚を触りに行こうか・・・とも思いましたが、この好条件で一発を狙わないわけにはいきません!
土砂降りの雨で冷えてきた体にムチ打って、さらにカバーをひたすら撃つ!撃つ!

そして延々数時間、ついにラバージグにビッグバイト!
・・・が、やたらデカい雷魚でした(´Д`)
で、これのみにて終了。

間違いなく春爆の1日と期待して強気で攻めまくったのですが、完膚なきまでに叩き伏せられてしまいました。
う~ん琵琶湖、甘くないな・・・。

<反省>

スポンサーリンク

暖かい流れの中に魚が入ってくるだろうと信じていたのですが・・・これがどうやらハズレだったようです。
さすがに、あまりにも濁り過ぎだったのかもしれません。

ただ、コイや雷魚など大型の魚は大量にシャローに入って生命観満点だったのですが、ベイトが魚探に映らなかったのが気になりました。
もしかしてベイトとなるような小型の魚には、急に暖かく変化し過ぎて適応できない水だったのかな?とか、色々考えてしまいます。

それにしても、間違いなく根本的に何かが間違っている・・・。
雰囲気は最高だったのですが、シーズン開始早々やらかしてしまった1日でした。

(ただ、ディープ組も全然釣れなかったそうです。雨で水温上昇のタイミングが無かったのが響いたのでしょうか?)

ちなみに志那港のスロープオープンは6:15頃、帰着は17:00でした。

20150319_173951_2

続く・・・。

※よろしければ Facebookページへのいいね! & Twitterフォローをお願いします→

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2015年3月
« 2月   4月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ