バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

「リアクションフットボールはディープクランク」はなぜ名言なのか

モリゾープロの名言、「フットボールはディープクランクである」。
ディープボトムを素早く探り、リアクションで喰わせる「サーチ系」。
数あるフットボールジグの1つのタイプについて考えます。

スポンサーリンク

●フットボールジグの利点と欠点

冬のボトムゲームの主役、フットボールジグ。
以前、その特徴と利点をまとめてみました。↓

関連記事:【イチからまとめるフットボールジグの基本】

trailerhold

今回は「引っ掛かりやすい」という欠点をカバーするガード付フットボールジグ、「リアクションフットボール」についてお話してみたいと思います。

 

●「引っ掛かりやすい」が最大の弱点

フットボールジグ最大の弱点。
それは1にも2にも「引っ掛かりやすい」という事では無いでしょうか。

これは以前解説した「高いフッキング性能」、そして「ボトムの捕えやすさ」と引き換えになってしまうため、仕方ない所ではあります。

IMG_20151130_135034

しかし、例えばディープボトムに生える残りウィード、あるいは僅かな隠れオダに絡めたい・・・。
そんな時、ここぞのピンで根がかってしまっては、元も子もありません。

というわけで、「引っ掛かりにくいフットボール」は無いものでしょうか?

 

●「ガード付フットボールジグ」という選択

という訳で登場するのが、「ガード付フットボールジグ」です。
有名なもので言うと、例えばエバーグリーンのリアクションフットボール

14910102_08
(Evergreen HPより)

通常フットボールに付いたガードは、「おまけ」程度のライトな物が少なくありません。
しかしこのジグ、かなりしっかりとしたガードが付いています。
ガイドの大西プロは、何とカバー撃ちにも使用しているそうです。

imageresize(Evergreen HPより)

私も使ってみたのですが、軽めのウィード位なら余裕で回避してくれます。
というかむしろ、ディープで使うには強過ぎるような気も・・・。
(遠くでフッキングするので、シャローに比べフッキングパワーが伝わりにくい)

というわけでロングディスタンスで使う場合は、少しカットした方が良いと思っています。
(ジグのガードのカット法については、またあらためてまとめます)

 

●太軸&ロングシャンク

フットボールはフッキング性能を重視して、細軸~中軸フックが多い気がします。
しかしロクマルの可能性が充分にある琵琶湖では、個人的には結構怖いのも確か。
リアクションフットボールはしっかりとした太軸で、ビッグバスを相手にするにも安心です。

スポンサーリンク

14910102_12_others
(Evergreen HPより)

太軸だとフッキングが悪いのでは?と言う点が心配ですが、ロングシャンク化されているので貫通力は高そう
ガードさえ工夫すればハリ掛かり良好なのではと、試行錯誤中です。
(ただ、フッキングパワーの高いロッドセレクトは重要だと思います↓)

関連記事:【キャスト・アクション自由自在!振るだけで楽しいグロリアス「ワイルドスティンガー」

fishing-602895_640

また、ロングシャンク化によってスイミング姿勢も安定すると思います。

 

●広く速く探る、「ディープクランクの延長」?

ところでこのリアクションフットボール、3/4oz程度の重めのウェイトを基本とし、速めのリフト&フォールでディープボトムを素早くサーチするのがコンセプトなのだそうです。
ボトムの変化等を探しつつ、クイックなフォールでリアクションバイトを誘うのだとか。

imageresize (1)(Evergreen HPより)

製作者のモリゾープロによれば、

僕のなかでフットボールジグはディープクランクの延長線上にあるルアー

なのだとか。

この一言、私的にはかなり名言だなぁと思いました。

フットボールの苦手意識が強かった私は、広いディープフラットをスローなアクションでズル引き続けて、忍耐力が続かない事が良くありました。

しかしスピーディなリフト&フォールでボトムを泳がせて、ウィードエッジやブレイクを感知したところでスローダウンしても良いんだ、と思えてからフットボールが楽しくなりました。

(これなら高速巻きしてウィードにコンタクトさせてから、丁寧にほぐすウィードコンタクト・クランキングと同じじゃないか・・・と。)

 

▼サーチ系フットボール。1点シェイクは苦手?

というわけで、クイックな特性が持ち味のリアクションフットボールは、いわば「サーチ系フットボール」と言えるかと思います。
ディープクランクが届きにくい6m以深のサーチベイトという感覚で、5/8~1oz程度を使い分けて使っています。

しかしそのクイックな特性の裏返しとして?1点で動かさずにシェイクしたりする性能はあまり高くない印象。
ですので、いわゆる真冬のジグ&ポーク・・・みたいな、超スローダウンゲームには向かないのではと感じています。

そうした用途は、「スタンドアップ系」と呼ばれるフットボールジグの得意分野。
というわけで次回は、こちらについてお話ししたいと思います。
★追記:その前にリアクションフットボールの追加記事をUPしました↓

関連記事:【「横アイ」に秘められたリアクションフットボールの意志

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2015年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ