バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

だから失敗するベイトPE -2- ブレーキセッティングのキモ 編

沈むPEの登場で、一気に広がるPEラインの可能性。
しかしベイトタックルでは、バックラッシュが致命的に・・・。
フルキャストを可能にする、ブレーキセッティングのコツを考えます。

スポンサーリンク

※↓前回記事

だから失敗するベイトPE -1- バックラッシュと投げ切れ 編
飛ぶ、強い、伸びない・・・メリット満載のPEライン。 これをベイトタックルで活かしたいと思うアングラーは少なくないはず。 し...

 

遠心ブレーキとは相性が悪い?

私は基本的に、リールはシマノを使う事が多いです。
シマノのベイトリールは殆どが遠心ブレーキを採用しているのですが、PEラインで投げ切れし続けて(泣)ある事に気が付きました。
それは、「投げ切れはキャスト直後に起こる」時が多いという事です。

不思議に思って理由を考えた結果、思い当たったのは「キャスト初期のブレーキ力不足」でした。
遠心ブレーキは、スプールが回転する遠心力でブレーキブロックが押し付けられ、制動力を発揮します。
つまりリリース直後は、ブレーキ力が立ち上がるまでに若干のタイムラグが生じるわけです。

一方で、スプールはこのタイミングで最も回転数が上がるはず。
この鋭く立ち上がる初速にブレーキが追い付かないミスマッチの瞬間に、最もバックラッシュの危険性が高まるのではと思います。

fisherman-797980_640

それはフロロやナイロンでも一緒では?と思われるかもしれません。
確かにPEでなくとも、この一瞬にバックラッシュしやすいのは同じだと思います。
しかしPEはラインの自重が軽いため、スプール+ラインの合計重量が軽くなり、結果としてスプールの回転の立ち上がりが早くなります。
このため、回転数が上がる上にブレーキが効き始めるまでのタイムラグが増え、トラブルに繋がりやすいと考えています。

また、キャスト初期にラインが浮いて「半バックラッシュ状態」になっても、キャスト後半にかけて解消していく事はよくあると思います。
もしこれが上手くほどけなくても、モノフィラメントの場合は軽いバックラッシュで済む事が多いのではないでしょうか。
しかしPEだと、すぐにロック → 投げ切れに繋がってしまう・・・。
このあたりが、遠心ブレーキでベイトPEを実施する際の泣き所ではと考えています。

 

相性の良いマグネット

そこでベイトPEを成立させるために手を出したのが、マグネットブレーキのT3 MX(ダイワ)です。
(これに別売りのSVスプールを組み合わせて使いました)

シマノ派の私も使って納得!T3 MXレビュー①
TWSなど、革新的な機構を備えたダイワのベイトリール、T3。 シリーズのスタンダードモデルであるMXを使ってみましたので、レポートしま...

マグネットブレーキは、遠心のようにブレーキ力が変化せず常に一定です。
つまりリリース直後にスプールが最高回転数に達する一瞬も、すでに制動力が効いています。
そのせいか、キャスト直後の投げ切れはかなり減ったと実感する事が出来ました。

そうは言っても、やはり素早く振り抜くとスプール回転が上がりやすく、トラブルに繋がりやすい傾向は変わりません。
それを防ごうとブレーキ力を上げると、今度は飛距離が低下するジレンマに悩まされます。
遠心よりはマシですが、やはりマグネット式においてもフルキャストを控える心掛けは必要かと思います。

ピッチングやショートキャスト時などに、遠心ブレーキのような「最後のひと伸び」が期待出来ないマグネット。
個人的にはあまり好きなフィーリングではないのですが、ことベイトPEにおいては遠心よりも適している・・・というのが私の印象です。

 

遠心でベイトPEを成立させるコツ

では、遠心ブレーキでベイトPEを成立させるにはどうしたら良いのでしょうか?
コツはいたずらにブレーキブロックを増やすのではなく、「メカニカルブレーキを併用する」事だと思います。

スポンサーリンク

IMG_20151028_111010-min

私は通常、メカニカルブレーキは完全OFF(スプールがぎりぎりカタカタ言わないくらい)で使っているのですが、これを少しだけ締め込みます。
メカニカルはマグネット同様、キャスト初期から常に一定の制動力が発生しているので、リリース直後のバックラッシュをかなり防げると思います。
ちなみにメカニカルブレーキの比率を上げるほどトラブルは減りますが、やはり飛距離が落ちるのは避けられないようです。

 

最強ブレーキはDC。いずれにせよ飛距離は微妙

しかしこうした努力や工夫抜きで、一番楽なブレーキはデジタル(DC)だと思います。
所有していないので使い込みレベルは低いのですが、以前エクスセンスDCを試投させてもらいました。
オーバーヘッドで普通に投げる分には、宣伝文句通りPE1号でもまずバックラッシュしないという印象でした。

22095_lineup1
(シマノHPより)

ただ、スタンダードPEモードしか試せませんでしたが、ブレーキを最弱にしても結構強めに効くように思いました。
細糸PEをバックラッシュ無しで使うには仕方ないのかもしれませんが、どのブレーキを使うにせよ、ベイトで使う際はPEの「飛距離」のメリットはあまり期待できないのではないかというのが現時点での考えです。

 

という訳でベイトPEに向くブレーキセッティングは、DC>マグネット>遠心の順になる・・・と言うのが現時点での結論です。
しかし、ではDCモデルなら快適にベイトPEが出来る・・・かと言うと、そうはいかないのが悩ましい所。
次回はベイトPE最大の難関、「糸噛み」について考えてみたいと思います。

 

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 1月 08日
  2. 2016年 2月 17日
  3. 2016年 3月 03日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ