バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

完全防水、優れた透湿・伸縮性・・・「シールスキンズ」は釣りに向くのか

完全防水、優れた透湿・伸縮性・・・。
夢の謳い文句でアングラーを魅了する「シールスキンズ」。
果たしてフィッシングシーンでの適性はどうなのでしょうか?

スポンサーリンク

 

完全防水グローブ、「SealSkinz」

シールスキンズというブランドをご存知でしょうか。
イギリス発?の、完全防水グローブやソックスを製造しているメーカーさんです。

シールスキンズは100%完全防水・優れた透湿性・伸縮性の3要素を併せもったユニークな商品で、いかなる気象条件下でも、また水濡れの可能性のある厳しい環境下でも、手・足・頭を濡らさず、常にドライに暖かく快適に保ちます

・・・なんて言われたら試してみたくなるではありませんか!
という事で2シーズンに渡って使用してきました。

IMG_20151217_150155-min

 

ソフト素材+防水透湿メンブレン?

冬時期のフィッシンググローブというと、一般的なのはネオプレーン製グローブだと思います。
しかし以前記事にしましたが、耐久性の無さが泣き所で、透湿性も伸縮性も期待できません。↓

RBBタイタニュームグローブで冬を暖かく釣るチューニング
冬の釣りの最重要タックル、「防寒着」。 中でも大切なグローブを、どう選べば良いでしょうか? 素材やタイプ、そしてちょっとしたチ...

一方でシールスキンズは、一般的な手袋のようなソフトな化繊?が使われ、内部にゴアテックスのような防水透湿メンブレンが挟み込まれた構造になっているようです。

スポンサーリンク

IMG_20151217_150502-min

これによって抜群の伸縮性があり、フィット感は上々。
耐水テストでも水漏れは無く、しかも意外なほど暖かいという嬉しい結果となりました。

 

弱点は「針」

しかし実釣で使い込んですぐ、この手袋のアキレス腱に気が付きました。
それは・・・一般的な編み生地なので、フックが引っかかりやすいのです。

IMG_20151217_150513-min

そして当たり前ですが、フックが刺さるとピンホールが生じ、そこから浸水・・・。
初回釣行にて、あえなく防水性は失われてしまいました(泣)。

非常にユニークな商品ですが、釣りには向いていないかもしれないと思いました。
ただ、表面の生地の耐久性はありますので、濡れても構わない状況でのオフショアゲームに使い続けています。

シールスキンズを検討されている方に、少しでも参考になれば幸いです。

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ