バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

ゾディアス170M-Gとエクスプライドは、「タッチ感」で使い分ける

ゾディアス170M-Gとエクスプライド170M-CR。
全く同番手のグラスコンポジットの、僅かでも大きな違いとは?
カバークランキングの「タッチ感」についてお話しします。

スポンサーリンク

 

ゾディアスとエクスプライド、同番手のコンポジット

さて、ゾディアスのグラスコンポジット3兄弟を紹介する特集、最終回は170M-Gになります。

クランカーなら見逃せない!ゾディアス176MH-Gは本気過ぎ!?
5mダイバーをど真ん中のターゲットに据えた、ガチの本格ディープクランクロッド。 格安シリーズのゾディアスでここまで・・・って、い...

さてこのロッド、実は全く同じ番手がエクスプライドにラインナップされています。
それが私の溺愛するクランキンロッド、エクスプライド170M-CRです。

決着!理想のグラスコンポジット探し- エクスプライド170M-CRとクランキンロッド選びのポイントまとめ
・ポイズングロリアス 170M C7 ・ポイズンアドレナ 1610M-G ・エクスプライド 1610M-G ・エクスプライド 170M-CR 巻き物用グラス...

このゾディアスとエクスプライドの同番手、同じグラスコンポジットでありながらフィーリングはかなり違いました。
フィッシングショーで触らせてもらったのですが、ゾディアスは曲げてすぐに分かるほどグラス味が強いです。
176MH-Gや166ML-G同様、ピュアグラスのテイストを最大限残したコンポジット、と言うのがシリーズ共通の味付けのようです。

テーパーも同様に、ティップから順に曲がっていくプログレッシブなレギュラースロー

キャプチャ

バットのカーボンシート補強は176MH-Gと166ML-Gの中間、バットから1番目と2番目のガイドの間くらいから入っているとの事です。

2

 

張りを残したエクスプライド170M-CR

ゾディアスがピュアグラスに近いしなやかさを追求した一方で、エクスプライド170M-CRは「やや張りがある」のが特徴です。
もちろんグラス的なしなやかさを持ち合わせた上でですが、僅かに芯があるとでも言いましょうか・・・。
テーパーもプログレッシブなレギュラースローなのですが、ゾディアスに比べればティップに強さが残る印象です。

ですので以前の記事で書いた通り、ウィードを切る操作がやりやすいメリットがあります。
フッキングパワーもまずまずですので、軽めのスピナーベイトやチャターなどでも掛けられますし、深江プロはトップウォーターにも使っているそうです。

そんな「操作性を残したしなやかさ」、そして「汎用性の高さ」が、170M-CRの魅力だと思います。

 

さて、どちらを選ぶ???

という事でどちらが良いのか?は非常に難しい難問ですが、ノリを優先するならゾディアス170M-Gではないかと思います。
特に今のような低水温期、舐めるようにカバーに絡めて、触れるようなバイトを乗せたい・・・というのであれば、おそらくこちらでしょう。
(ただし、本当に1/2oz前後のクランク専用になる気がします)

ただ、深江プロも書かれていますが「柔らか過ぎるロッドは障害物を拾いやすい」という一面もあります。
その点エクスプライド170M-CRであれば、適度なハリと感度があるのでストラクチャーを感じ、コンタクトで少し跳ね、そしてかわす操作がやりやすい・・・との事。
微妙な違いではありますが、実はこの「タッチ感の違い」が、カバークランキングの真髄・・・のような気もする今日この頃です。

スクリーンショット (247)-min
(Basser 2016年2月号より)

ウィードを切る関係もあって、琵琶湖メインで使う私はエクスプライドを使い続ける予定です。
しかし厳しい時ほど、ロッドによるストラクチャーコンタクトの強弱がモノを言う気もします。
やり込んでいるクランカーの皆様には、楽しい悩みを提供してくれる2本と言えそうです。。。
(動画での詳細解説はこちら↓をご覧ください)

 

 

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

    • まーしー
    • 2016年 2月 18日

    こんにちは、いつも楽しく読ませて頂いてます!
    エクスプライドは、3年前にバス釣りを再開した時(90年代半ば以来)に買ったロッドなので思い入れも強いですが、それ抜きにしても値段、性能共に素晴らしいロッドですよね。
    私は166Mを使っていたのでグラスでは無いですが、軽いのに張りと力強さがあって、一本でかなりバーサタイルに活躍して貰いました。
    ゾディアスも同じ杉戸船長が携わられているので、良いロッドなのでしょうね♪
    昔に比べ、低価格帯のロッドはどんどん素晴らしくなっていきますね。これからバス釣りを始めたい方にピッタリだと思います。
    グラスと言えば、コンポジてすがブラックレーベルFMの701MHFBをクランク、トップで使用しています。
    ちょっと重いかな?とも思いますが、ノリも良くいいロッドですよ( ^ω^ )♪

    • >まーしーさん
      コメントありがとうございます。
      エクスプライドもゾディアスも、本当に価格破壊シリーズだなと思います(;´∀`)
      701MHFBだとファストテーパーな感じかと思うのですが、そうしたテイストを好むエキスパートの方も多いですよね。

        • まーしー
        • 2016年 2月 18日

        ちょうど杉戸船長のブログに、ゾディアスとエクスプライドについての違いが書かれていましたね!
        はい、ファストテーパーですね!私はとてもエキスパートには程遠いですが、ティップがとてもしなやかなファストテーパーなので、カバークランキング等でパッパと次々キャストをする際のレスポンスが非常に良く感じます。
        当初はスピナベやバイブレーションにも使っていましたが、現在それらはハートランドの疾風72で投げています♪
        それでは、また更新されるのを楽しみにしています♪

  1. Your articles are for when it absoyutell, positively, needs to be understood overnight.

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年2月
« 1月   3月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
29  

アーカイブ