バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D] あえてスポーニングを無視する早春のビッグバス戦略

早春のビッグバス狙いに、あえてスポーニングを考えない!?
今年もロクマル連発中のキムケンさんからの、意外なアドバイス。
そのキーは何と、「あのプロ」と見事に一致するものでした・・・
(画像はキムケンさんブログより)

スポンサーリンク

春=スポーニング、ではない?

皆さんこんにちは、KenDです。
本格的なシーズンインとなり、プリスポーンのビッグバスを追っているアングラーも多いと思います。

[D] ロクマル乱舞!琵琶湖春爆のXデー到来!?
今週、琵琶湖が大爆発!! ロクマル大連発、まさにお祭り騒ぎのXデー! 早速ヒットルアーなどを押さえてみたいと思います。

そんな中、今年もロクマルを連発しているプロガイドのキムケンさんから意外なアドバイスがシェアされていました。
何と春真っただ中に、スポーニングを意識しないバス探しをしているというのです。

image-81

早春のうちにバスが浅いところで釣れるのは、スポーニングとは無関係と考えています

「BITE」キムケンさんコラムより)

 

キーは「ベイト」

では一体、何を頼りにバスを探しているというのでしょうか?
そのヒントは、やはり「ベイト」にあるのだそうです。

ボートであれ、陸っぱりであれ、春の変化をもたらす餌の居場所を探すことがすごく大切だと思います

これを読んで、個人的にとても面白いと思った事があります。
それは”最強トーナメンター”、青木大介プロとの共通点です。

[D] 青木大介はフィネスじゃない!?
圧倒的ウェイトでオールスター2連覇を果たした、青木大介プロ。 異次元の扉を開いたウィニングパターンは、ある意味衝撃・・・。 「フ...

以前も記事しましたが、青木プロは昔ながらの「シーズナルパターン」はほぼ全く考えないのだとか。
それが例え春だとしても、スポーニングフラット直前のファーストブレイクうんぬん・・・等ではなく、「シンプルにフィーディングのバスを釣る」事を心掛けているのだそうです。
(下記記事参照)

[D] 「シーズナルパターン」は死んだのか
青木大介プロ渾身のベストセラー、「適材適所のルアーセレクト」。 超・刺激的なその内容は、これまでのセオリーを全否定!? 最強ト...

青木プロと言えば、日本を代表するフィネス・フィッシャーマンという印象が強いかと思います。
逆に木村健太プロと言えば、その対極に位置するパワーフィッシャーマン・・・というイメージ。
しかしこの正反対に位置する2人が、全く同じ事を言っているのはとても興味深い共通点ではないかと思います。
 

“ベイト”で切るゲーム展開

私自身は、どうもシーズナルなバスの動きという考え方を捨てきれないでいます。
しかし「ベイト」という視点から切ったゲーム展開を、今年はさらに心掛けてみたいと思います。
 

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ