バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D] 水難事故捜索協力依頼と、2つの安全再確認

琵琶湖・北山田沖でアングラーの水難事故発生。
消防からの捜索協力依頼が出ていますので、ここにシェアします。
そしてもう一度、ボートの安全対策を再確認したいと思います。

スポンサーリンク

 

琵琶湖・北山田沖水難事故

皆さんこんにちは、KenDです。
大変申し訳ありませんが、今日は残念なお知らせです。
6月19日に琵琶湖の北山田沖で、無人旋回するバスボートが発見されたとの事。
乗員はおらず、水難事故に遭われたものと思われます。

スクリーンショット (359)-minABC NEWSより)

私と同じ志那スロープから出艇されていたようで、直接の知り合いでは無いのですが本当に胸が痛みます。
未だ発見されていないとの事で、消防から捜索への協力依頼が出ているそうですので、ここでシェアさせて頂きます。

一刻も早く発見される事を願ってやみません。

 

もう一度確認したい2つのポイント

この事故を受けて、私たちアングラーはもう一度自分の安全対策を再確認する必要があると思います。
ボートでの安全対策の基本は、言うまでも無く下記の2点。

・ライフジャケットの着用
・キルスイッチの装着

今回の事故での状況は分かりませんが、当日釣りをされていた方の情報によれば、急に雨脚が強くなったタイミングだったとの事。
現場にライジャケやレインウェアが浮遊していたそうで、アイドリングしたまま急いで着替えようとしたところ、間違ってスロットルに当たって急発進、落水・・・。
もしかしたらそんなシチュエーションだったのかもしれません。
(この情報に関しては、「はなやん」さんのブログを拝見させて頂きました)

もちろん憶測に過ぎませんが、もしそうだったとしたら、凄く自分もやってしまいそうな事だと感じました。
これを教訓に、エンジンを掛けている時はいつ何時もキルスイッチを着用するよう徹底しようと思います。
そして、もう2度とこうした事故が起こらないよう、あらためて全てのアングラーの方に安全に配慮して頂ければと、願ってやみません。

※追記:多くの方のご尽力により、行方不明の方は無事発見されたとの事です。
ご協力された皆様方、本当にご苦労様でした。

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 6月 23日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ