バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

[D] トップウォーターが上位独占!熱過ぎるドラマ満載のHOT第2戦

熱夏のHOT第2戦で、何とトップウォーターが上位独占!
明かされたシークレット、ついに実った悲願、そして強過ぎる「あの人」の完勝・・・。
白熱する僅差のAOY争いも絡む、アツ過ぎる戦いの行方をお届けします!

スポンサーリンク

トップが表彰台1-3位独占!釣果を一転させる「動かし方のシークレット」

皆さんこんにちは、KenD(けんでぃ)です。
さて昨日は、2016浜名湖オープントーナメント第2戦が行われたわけですが・・・上位のパターンがアツ過ぎです!
何と・・・表彰台の1~3位までが、トップウォーターパターンをメインに組むという空前の展開でした!!

まずはペンシルべイトで良型キビレを揃えた“戦う競技長”、小野田選手3,370g3位表彰台!

13592371_1093428877398557_3941574970802028526_n

そして小野田選手が表彰台で暴露した「ペンシル・ポッパーの動かし方のシークレット」は、かなりの衝撃だったのではないでしょうか。
正直「浜名湖のクロダイポッパー」というのは、有名な割にはなかなか釣れない釣りだと思います。
しかし私もそのコツに気付いた途端に、ポッパーが本気のトーナメントウェポンに生まれ変わる経験をしました。

popping-duck_main03

 

これはあまりにも核心を突いたシークレットなので、メディアには書けない事をお詫びします。。。
しかし、こうした大会参加者のみが知り得るマル秘情報を知る事が出来るのは、HOTに参加する事の一番の魅力だと感じています。
気になった皆さまは、ぜひ御参加を!
(会場で質問して頂ければ、お答えします♪)

HOTの参加方法はコチラ

 

キング・オブ・HOT vs ポッパーマスター

そして火花散る優勝争い、ド肝を抜く巨大クロダイ&キビレで3,880gを持ち込んだのは、庄内湖の“ポッパーマスター”鈴木選手
シーバス・マゴチを混ぜない純粋な鯛のウェイトとしては、浜名湖ではミラクルウェイトと言って間違いないでしょう。

IMG_20160703_140003

私にとってポッパーゲームの先生とも言える鈴木選手ですが、実はプラでは反応の薄さに苦しんでいました。
早々にポッパーの可能性を見切った私に対して、鈴木選手はこんな事を話していました。

スポンサーリンク

「ポッパーゲームが炸裂するタイミングは、必ずどこかで訪れる」
「ノーフィッシュは覚悟の上で、その一瞬だけを追い求める」

IMG_20160703_061642

もしかすると、全選手の中でもナンバー1の練習量を誇るかもしれない同選手。
絶対の自信と経験を誇る「クロダイポッパー」というマイゲームのポテンシャルを、トーナメントの結果で証明したい。
その並々ならぬ信念が実った快心のゲームは、舞台裏を知る人間として涙が出そうなくらい感動しました。
(今回の試合運びについては、きっとご自身のブログ↓で書いて下さると思います!)

釣れぬなら釣ってみせようホトトギス

しかし・・・その優勝の夢を僅か100gの差で打ち砕いたのは、“King of HOT”、堀選手!!
前人未到の3度の年間チャンピオンに輝く、あまりにも強過ぎる浜名湖最強アングラー。
キッカーシーバス+キビレ2枚の3,990gで、熱夏の浜名湖を完全制覇しました!!

13528838_1093428857398559_8163659689331977467_n

キビレのポッパーゲームでさくっとベースウェイトを作り、そこにキッカーシーバスをミックスバッグ
居るのは分かっているはずなのに、キングにしか釣れないあのシーバス。
表彰台で語った「風の読み方」のマジック、もっと勉強してみたいと思います・・・。

2016A_2325(並木プロに似ていると一部でウワサの後ろ姿w。カッコイイ!)

 

白熱の年間チャンプ争い

そして4位の石塚選手は、誰もが良く知るメジャーポイントで、難しいシーバスに口を使わせて3010gをウェイイン。
今回もいつも通り、「プルプル、チョンチョン」とX-80 BEATを巻くだけだそうです(笑)。
何と4戦連続表彰台の驚異の安定感で、(おそらく)年間ランキング2位。
2016年のAOY争いに、大きく前進する快挙でした!

それから5位には、イワシの群れを見事に追い当てた山田選手が2,380gでランクイン。
おそらく私と似た狙いをされていたのではと思いますが・・・お見事です!
(手元にお二人の写真がありません、失礼いたしました)

Hisilicon K3

第一戦3位の山田選手は、これで石塚選手に1ポイント差の年間ランキングトップ
(たぶん。私の手集計ですので間違っていたらごめんなさい)
浜名湖オープントーナメントのニューヒーローに、大きく名乗りを上げる表彰台となりました。

13532061_551087248404321_1774434603_n

 

ドラマあふれ過ぎの熱い戦い。勝負の舞台は秋の陣へ!

というわけで、最強チャンプが実力を見せつけたり、ポッパーマスターの悲願が実ったり、トップゲームのシークレットが暴露されたりと、もうドラマ一杯だったHOT第2戦。
アツ過ぎる勝負の行方は、次回9/25の第3戦へと舞台を移します。
夏と秋が交錯する難しい季節、勝利の栄冠を手にするのは一体誰なのか?
その日まで腕を磨いて、また皆さん頑張りましょう!

head2016

それでは参加された選手の皆様、運営の方々、暑い中本当にありがとうございました<(_ _)>
 

※尚、写真等の情報は公式HPやボートクラブカナルのブログでシェアされているものを使わせて頂きました。
お名前等の情報もその範囲で公開させて頂いておりますが、もし差支えのある際はお手数ですがご連絡ください。
削除・訂正等すみやかに対応させて頂きます。

 

おまけ:KenD、初めての失格!

ちなみに・・・イワシパターンがどうのとか偉そうに書いていたKenDはどうだったのよ?というお話ですがw、何と初めての「失格」となってしまいました。
これについては、またあらためて書いてみたいと思います。。。

 
※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ