バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D] バスフィッシングを守る秘訣は、”在来魚を守る”事にあった?

a1540_000005_m

時を追うにつれ厳しさを増す、日本のバスフィッシング。
その未来を守る鍵は、「在来魚を守る」ことにあった?
共存の道を探る、ゾーニングの本質を考えます。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

外来魚のいない水域を守る?

みなさんこんにちは、KenD(けんでぃ)です。
本日は、少し重いテーマについて書かせて頂こうと思います。
きっかけは、depsの社長である奥村和正プロのあるツイートでした。


ご存知のように、ブラックバスは外来生物法によって規制され、各地で駆除されています。
リリース禁止などの措置が取られる地域も増え、日本のバスフィッシングの未来には暗雲が立ち込めていると言わざるを得ません。
志あるアングラーの方々は、バスフィールドをいかに守るかで頭を悩ませている事と思います。

そんな状況の中で、奥村氏から発せられた外来魚のいない水域を守る」というメッセージ。
今回は、この意味を紐解いていきたいと思います。

 

“ゾーニング”の本質

さて先日、山形県で検討されているリリース禁止案について書かせて頂きました。

yamagatasiginoyatinuma

実はその際、私は1つの点について少し言葉を濁していました。

ゾーニングの問題であれば、「ここは鮎や渓魚の釣り場」という棲み分けも受け入れていかなければ、共存は望めなくなってしまうでしょう。

これは言い換えれば、あるフィールドでのバスフィッシングを諦めるという事にも繋がります。
そこで釣りをしているアングラーの方からすれば、それは受け入れ難い話でしょう。
同じバサーの方から批判を頂く事は避けられないと考え、あえて深くは書かなかったのです。

ところで以前から書いていますが、日本においてバスフィッシングを成立させるためには“ゾーニング”が不可欠だと考えています。
これには「バスフィッシングOKの公認フィールド」を作るという事の他に、もう1つの大切な意味があります。
それは、「その他の地域には、ブラックバスを拡散させない」と言う事です。

nojiriko

釣り人であれば、自分の近くのフィールドで大好きなバスフィッシングを愉しみたいという気持ちがあるのは自然だと思います。
しかしブラックバスは外来魚であり、既存の生態環境に変化を与える事は否定しがたい事実でしょう。
(「在来魚を喰い尽くす」的なステレオタイプは大袈裟だとしても、影響がある事自体はバサーも認めなければならないと思います)

これが無秩序にどんどん拡散していけば、その変化によって不利益を受ける方から、バスが拒否されるのは当然の成り行きではないでしょうか。
(例えばアユ釣りで有名な川にスモールが増えて鮎が減れば、アユ釣人や漁協が駆除しようと思うのは自然な事かと)
すると1つのフィールドだけの問題だけに終わらず、直接関係の無い他の釣り場も巻き込んで、リリース禁止釣り禁止に繋がっていく事も考えられます。

このようにバスの生息域が広まり過ぎる事によって、かえってバスフィッシングの肩身が狭くなるという皮肉な事態に・・・。
つまり逆説的ですが、バスフィッシングを守るためにはバスの拡散を制限し、「外来魚のいない水域を守る」あるいは「在来魚を守る」
これがどうしても必要な、“ゾーニング”の本質ではないかと思うのです。

 

将来のために、バサーは何をするべきか

では、我々バサーは具体的に何をするべきでしょうか。
まずはもちろん、ブラックバスを拡散させるような放流をしないのは当然の事です。
(今どきそんな事をしているアングラーはいないと思いますが)

その上で漁協の方や他魚種の釣り人など、在来魚を守りたいと考えている方々と地域単位で直接話し合う事が必要なのではないでしょうか。
「バスフィッシングをしたい」と一方的に主張するのみでは、議論はいつまでたっても平行線です。
(そして、マイノリティであるバサー側が負けます

バスの存在を快く思わない方の声に真摯に耳を傾け、一緒になって「在来魚を守る」事を考えていく
それこそが、バスフィッシングの未来を守るためにどうしても必要ではないかと思う今日この頃です。

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ