バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D] ビッグウェイト乱舞!クライマックスは想像以上の乱打戦へ!?2016 TOP50第5戦・霞ヶ浦day2

satoshinisikawa

2日目トップの西川選手以下、何と4人が5kg超え!?
TOP50最終戦は、想像を超える乱打戦へ!
気を吐く大ベテランの快進撃が止まりません!!

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

西川選手、トップウェイト!

皆さんこんにちは、KenD(けんでぃ)です。
シーズン最後の熱戦となる、TOP50最終戦霞ヶ浦ラウンド
初日はベテラン沢村選手が5kgオーバーで他を圧倒する結果となりました。

sawamuratopweighttop50(写真はJB/NBC officialsiteより)

そして迎えた二日目、トップウェイトは西川慧選手!
そのスコアたるや、なんと初日の沢村選手すら上回る5,770g・・・!!

satoshinisikawa

しかも2位小林知寛選手、3位沢村幸弘選手、4位青木大介選手までが軒並み5kgオーバー
私は未経験なのですが、霞ヶ浦水系ってそんなに釣れるフィールドでしたっけ・・・!?
続く5位には、期待のルーキー高梨洋平選手。

youheitakanashi

そして6位には、個人的に“リレンジ”が気になる九州男児、早野剛史選手がランクインしました。

takeshihayano

 

しかし年間タイトルを狙う五十嵐誠選手は25位と出遅れ。
逃げる北選手は32位とさらに失速する結果となりました。

2016top50rd5day2result

 

連日5kgオーバー!沢村選手の勢いはもう止められないのか!?

そしてday1・2を総合した予選総合結果では、連日の5kgオーバーを持ち込んだ沢村選手がブッチギリの首位通過。

sawamura2016top50rd5day2(この魚、デカい・・・!)

しかしプレッシャーが効いているのか!?
チャンピオン争いを繰り広げるメンバーの中では、小森嗣彦選手の8位が最上位。
北大祐選手が14位に踏みとどまる展開の中で、青木大介選手15位五十嵐誠選手17位と逆転のチャンスを生かせません。

2016top50rd5day1-2result

タイトルレース争いは、このまま北選手が逃げ切りを決めるのか・・・?
そして沢村選手は、シーズンの最後に有終の美を飾ってくれるのでしょうか!?
いよいよクライマックスを迎えるTOP50第5戦、明日の最終日から目が離せません!

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ