バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

[D] まさかのアンタレスベース!? -17エクスセンスDCを巡るウワサ-

2017年、ついにモデルチェンジを果たす”エクスセンスDC”
何とそのボディは、まさかのアンタレスベース!?
タフ系ベイトとして名を馳せる、隠れた名機の情報です。

スポンサーリンク

 

次期エクスセンスDCは、何とアンタレスベース!?

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて先日、ネット上にて非常~に気になる情報を目にしました。
何と今年モデルチェンジ予定の17エクスセンスDCが、何と16アンタレスDCベースでデビューするというのです!!

(「bassfishingheart」さんより画像をお借りしております)

先代モデルは、07メタマグをベースにボディ素材をアルミ化
つまり次期モデルも、メタニウム系をベースに開発されるだろうとばかり思っていました。
それが何とアンタレスベースとは・・・にわかには信じがたいほど、驚きに満ちた情報でした。

というわけで今回は、個人的に最も期待している2017年ニューモデル、エクスセンスDCについて書いてみたいと思います。

 

エクスセンスって、ソルト用でしょ???

その前にそもそも、12エクスセンスDCというのはPEラインでキャストするために開発されたソルト向けのベイトです。
なぜ私がこのリールに注目しているかと言うと、実はPEもシーバスも全く関係ありません。
現代に残る貴重なタフ系ベイトとして、その高い剛性に期待しているからです。

(シマノHPより)

フルメタルの高剛性なアルミボディに、ハードユースにも堪えるブラス(真鍮)ギヤを搭載。
実は米国BASSMASTERエリートシリーズを戦う選手の中にも、愛用者が少なくない隠れた名機なのだとか・・・。
かのアーロン・マーテンスなども、フリップ用に酷使しているのだという事です。

スポンサーリンク

(bassmaster.comより)

しかも中~軽量ルアーへの適性(3/8ozクラスもいけるらしい)や、ラインキャパ(12lb-100m)も適度と理想的。
というわけで私も、最近探しまくっている「巻き物用バーサタイル・タフベイト」の候補として真剣に検討しました。
しかし最終的には、「ギヤ比が高過ぎる」という大きなハードルがあって挫折してしまいましたが・・・。


(ハンドル1回転=85cmって、ハイギヤというよりエクストラハイギヤと言って良いほどのハイスピードだと思います)

 

37mm径スプールへの不安

しかし17エクスセンスDCが本当にアンタレスベースになるのだとすれば、おそらくスプール径は37㎜になるでしょう。
こうした大径スプールは遠投には有利ですが、34mmのバーサタイル系に比べれば軽量ルアーには不利
正直、オールマイティに使えるタフリールを期待していた私としては、少なからずショックでした。

しかしMGLスプールなどの新しい技術で、格段にライトルアーの飛距離が上がっている最近のシマノ機。
技術が進んでいれば、もしや37mm径スプールでもバーサタイルに使えるかも・・・?という、淡い期待は抱いています。
16アンタレスDCに使われているノーマルギヤを移植する事も出来るでしょうから、もしかしたら最高の巻き物用リールになってくれるかもしれません。

そして最後は、アンタレスベースだと価格が大幅に上がってしまうのでは?と言うのも懸念材料。
ソルトでの防錆対策にボディがアルミ化して、その分安くなってくれないかな・・・というのが個人的な(都合の良い)期待ですwww
ともあれ新型エクスセンスDC、今後も最新情報から目が離せません!

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ