バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] バンタムで”撃つ”メリット – エキスパートたちからのメッセージ –

高い巻き上げトルクで、パワー・リトリーブを実現する18バンタムMGL
しかしそのアドバンテージは、単に巻き物だけとは限らない!?
エキスパートから寄せられた、撃つバンタム“のメリットをシェアします。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

“撃つリール”としてのバンタム

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて予想通り(?)大きな反響を頂いている18バンタムMGL特集。
その異色の高剛性ボディは、まさにロープロのコンクエストと呼ぶにふさわしいものでした。

ですから特に引き抵抗の強いルアーをリトリーブするには、最高の巻き物リールであると書きましたが・・・。
エキスパートの方々から、「ちょっと待った!バンタムは巻き物専用リールじゃないぞ!」というご意見を多数頂きました。
今度はバンタムの欠点をシェアすると書きましたが、その前に今回は“撃つリール”としてのバンタムの可能性を考えてみたいと思います。

 

フッキングパワーの高いリール

さてまず一つ目は、高い”フッキングパワーという利点です。
これは琵琶湖界隈では知らぬ者のないトップトーナメンターである、冨本タケルプロからコメントをお寄せ頂いたのですが・・・。
バンタムの高い巻き剛性は、「巻きアワセ」時のフッキングパワーを格段に向上させているというのです。

ちなみに巻き物だけでなく、中距離以上のジグ・テキサスでも「巻きアワセをするのは琵琶湖では割と一般的になってきていると思います。
(詳しくは以下の記事を参照)
私も冨本プロに習って巻き合わせるよう心掛けているのですが、普通のリールだと魚の重みが乗った瞬間にそれ以上巻けなくなってしまいます
しかし「巻き重りを感じた時にはすでに針が刺さっている」との事で、太軸のシングルフックを使う上で大きなアドバンテージになるのではないでしょうか。

 

ヘビーカバーでキャッチ率を上げる条件

そして次は高名なフリッパーA氏からのアドバイスですが、巻き上げトルクのあるリールは「ヘビーカバーでのキャッチ率が格段に上がる」というご指摘も頂きました。
例えばマットカバーの下やブッシュの中で掛けた時、中で走られるとラインがややこしく絡んでしまったりしてバレの原因になるとの事。
これを防ぐために最も重要なのはフッキング後のひと巻き目、つまり合わせた後さらにリールでグリッと魚を巻き寄せられるかにかかっているのだそうです。
こうすることによってマットやカバーに魚の頭をロックさせることが出来、動けなくなっているうちに自分が寄ってランディングするというわけです。

実は北大祐プロも同様の事を語っており、そのためにあえてエクストラハイギアではなく普通のハイギアリールで撃っていると聞きました。
A氏も同じく巻き上げトルクを重視するため、何とこれまでアンタレスでフリップしてきたとの事・・・。
巻き剛性はリトリーブの楽さだけでなく、カバー撃ちでのキャッチ率に大きく影響するという話は目から鱗でした。

 

小さくて重いというメリット

そして最後に多くの方から指摘を頂いたのが、「小さくて重い」というメリットです。
重いことがメリットなの???と思われるかもしれませんが、リールはとにかく軽ければ良いというものではないと思っています。
ロッドとのバランスを考えた時、手元に適度な重量があると竿の先重りを感じにくくなるのではないでしょうか。

じゃあコンクエストで撃てばよいわけ?と思われるかもしれませんが、そうもいかないのが難しいところ。
なぜなら特に撃つ釣りでは、リール全体を包み込むようにパーミング出来ないと力が入りにくいと思うからです。
その意味ではロープロのアンタレスでも、ボディが大き過ぎて握りにくいという面は否めません。

ここでバンタムMGLの持つ、小さくて重いというメリットが生きてくるというわけです。
220gある現行のベイトリールとしては、おそらく最もコンパクトに出来ているのではないでしょうか。
手の小さい方であっても、これならパーミングに困難を感じる事は少ないだろうと思います。

(大きさ自体はアルデバランと同レベルかと・・・)

というわけでジグ・テキサスといったボトムゲームにおいても、他に無いアドバンテージを持つ18バンタムMGL。
高い巻き上げトルクは「巻く釣り」のみならず、「撃つ釣り」においても大きなメリットがある事を教えて頂きました。
その意味でバンタムは、ストロングフィッシャーマンのスタンダード・リールと言えるのかもしれません。

(シャロー道のHidekiさんも、バンタムを愛用する一人だそうです・・・)

「18バンタムMGL」のXGを使ってみた!

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 11月 16日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ