バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] もはや絶滅危惧種?硬派系フロロのカリスマ”BigBass”

ダイレクトなフィーリングで、イメージ通り操作できるハード系フロロ。
しかし硬いラインは、もはや絶滅危惧種だった!?
硬派な漢たちに捧ぐ、ハード系フロロの決定版を紹介します。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

ハード系フロロのメリット

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて、最近フロロラインの90%は“フロロマイスター”ばかり使っている私ですが・・・。
ディスタンスを長く取るフットボールジグゲームなど、「ラインが伸びて欲しくない」釣りの場合だけは、ハード系のフロロを使っています。

しかし現在の世の中は、「しなやか系フロロ」全盛の時代・・・。
ハード系とは言えどれもそこそこしなやかで、昔のようなバリバリに硬いフロロはほとんど見られなくなってしまいました。

R18フロロリミテッドハードって、ハードとは言っても結構しなやかですよね・・・)

もちろん硬いフロロは、扱いにくいという点でのデメリットは確かにあります。
けれども遠くのジグをイメージ通りにキビキビ動かしカチッとフッキングを決めるにはどうしても必要・・・。
そんな伸びの少ない硬派なフロロ“の決定版を発見しましたのでお知らせします!

 

“硬派”なフロロの決定版

さてこれまでは、ハードなフロロカーボンラインは「スーパーハードストロング」を使ってきました。
バリッバリの硬さが生む低伸度は圧倒的で、上で紹介したような「なんちゃってハード系フロロ」の比ではありません。
例えるならベビースターラーメンと、ラーメン屋で頼む「麺硬め」位の違いがあると言っても過言ではないでしょう。
(いや、言い過ぎかもwww)

(東レHPより)

しかし”硬派なフロロ”として絶対的な存在だったこのライン、デッドストックになって買い直そうとしたある日、衝撃の事実に気が付きます。
「・・・あ、廃盤になってる(汗)」
学ラン、リーゼント、なめ猫・・・硬派などと言う言葉自体、もはや昭和の残照となってしまったのかもしれません。

(amazonより。ご存知です???)

 

ソラローム”Bigbassフロロ”

“硬派”なフロロは、もう時代の彼方に消え去ってしまったのか・・・と悲嘆に暮れていたある日、フォロワーの方から重要情報が寄せられます。
「いや、スーパーハードストロングはリニューアルしてますよ」と。
そしてついに入手したのが、ソラローム”Bigbass”フロロ(東レ)だったのです!!

開封してすぐに分かるバリバリの硬さは、まさに懐かしいあのテイスト!
まるで帰郷した長崎の方が、皿うどんを食べた時のような気持ちがこみ上げてきます。
(たぶんwwww)

そして5/8ozのフットボールで浚渫のブレイクショルダーを攻めると、「コリコリ」という小気味よい感触が・・・。
そこからスナップを効かせるだけで、パンッと瞬発的にハングオフできるダイレクトなフィーリング。
ボトムと対話するだけで悦に浸れるような(笑)、マニアにはたまらないリニア感がそこにはありました。

スポンサーリンク

当然ながら遠距離でのフッキングも、ビシッとしっかり決まりやすいと思います。
プラグなら「もにゅっ」とした巻きアワセも良いのですが、やはりジグにはこの硬さが欠かせない・・・。
そんなわけでジグマニアの方には、もはやコレしかない!という位の絶滅危惧種的に貴重なラインと言えるのではないでしょうか。

もちろんジグのみならず、ビッグベイトなど重めのルアーや、ディスタンスを長く取る「ラインに伸びて欲しくない釣り」には色々な場面で有効だと思います。
個人的には、10XD用に試してみようかな・・・と画策中。
ただしリールのスプール径が小さいとラインがくるくるとコイル状になって使いにくいので、アンタレスやコンクエストなど大径スプールのモデルと合わせると良いと思います。

もちろん強度は非常に高く、根ズレに対してもMAX級に強いと思います。
扱いにくさは当然あるわけですが、そんなの関係ねぇと言う硬派な昭和の漢たちに捧ぐ、ハード系フロロの決定版ではないでしょうか。

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

    • かすぱー
    • 2017年 6月 25日

    サンラインのシューターは如何でしょうか。特約店にしか卸してなかったらしいのでFCスナイパーに比べてあまり見かけないかもしれませんが。なかなか根ズレに強くて硬いラインですよ。ちなみに新表示で線径が太くなっFCとは対照的にこちらは旧表示のままでしばらくは続ける様です。でも18金金《笑)で柔らかいと感じるとなると・・・。

    • 情報ありがとうございます!
      実はシューターは未体験なんです・・・(;^ω^)
      FCスナイパーの劣化が早いように感じていて、正直サンラインのフロロってちょっと苦手意識がありまして(苦笑)。
      見かけたら一度使ってみたいと思います!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年6月
« 5月   7月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

アーカイブ