バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D] “R18 BASS”は、世界一しなやかなフロロかもしれない

最もしなやかなフロロカーボンラインはどれか?
“最強”と呼ばれるフロロリミテッドをも超越!
それでいてお買い得な、実力派ラインを紹介します。

スポンサーリンク

迷えるフロロカーボンライン選び

皆さんこんにちは、KenDです。
ところで皆さんは、フロロカーボンラインは何を主に使っていますか?

私は長らく、サンラインのFCスナイパーを使ってきました。
しかし昨年のモデルチェンジで「シューター・FCスナイパー」になり、少し太くなった150m巻きが無くなった事をきっかけに、他のフロロを色々と試してきました。

fc_sniper_n(サンラインHPより)

試した中で最も強く、かつしなやかだと感じたのはクレハのR18フロロリミテッド
その性能はピカイチだと思いましたが、高いのに加えて、やはり100m巻きしかラインナップされていません。
75m×2回、もしくは50m×3回で使いたいのでどうしても150m巻きが欲しいのです)

というわけで試してみた、”R18 BASS“についてのレビューを書いてみたいと思います。

 

ナイロン並みのしなやかさ!?

さて、しなやかなフロロと言えばR18フロロリミテッドがトップだと思ってきました。

b1db43c37dbba3c1dff4b1f0d731b0be

しかし同じクレハから出ている”R18 BASS“を使ってみて驚きました。
何とそのしなやかさは、しなやか系最強と呼ばれるフロロリミテッドを超えています。
正直、デファイヤー・アルミーロなどの硬いナイロンより柔らかいとまで感じました。

defier_armilo(サンラインHPより)

(ちなみに、トップには最高のナイロンだと思います)

16lbでもコイル状の糸癖がほとんどつかない糸質は、パッと見ではナイロンと見分けがつかないくらい。
フロロマイスターなど他のクレハ製フロロと比べても、一歩抜きんでたしなやかさだと思います。

 

強さ・感度・伸びは普通

そんなR18 BASSですが、当たり前ですがフロロリミテッドほどの強度はありません
新しいラインは必ずコンクリートで擦って耐久性テストをしてみるのが趣味なのですが(暗いですかねw)、明らかに耐摩耗性は劣っていました。
しかし、それでもFCスナイパーと同等程度には強い感じでしたので、その辺りはさすがにクレハのフロロと言ったところだと思います。

それから伸びや感度に関しては、やや伸びやすいかなという印象を受けました。
ロングディスタンスで、ブラシガード付ジグをフルフッキング・・・なんていうシチュエーションには、ちょっと厳しいかもしれません。
しかし逆に言えば、フロロでの巻き物には非常に適した性質ではないかと思います。

240m巻きで80m×3回で使える経済性も魅力な、お手頃価格のR18 BASS。
なぜか16lb以上は200m巻きになっているのと、80m毎の目印が無い点が痛いですが・・・
今のところ、自分の中でメインフロロの有力候補に上がってきています。

いずれにせよ、クレハのフロロは使い勝手に難がありますが、性能はピカイチではないかと思った次第です。

 

 
※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年6月
« 5月   7月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

アーカイブ