バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

[D] フロロはもう、”フロロマイスター”で充分だ!?

数多くの製品がしのぎを削る、フロロカーボンライン。
しかし結局はもう、“フロロマイスター”だけで充分!?
ボビン巻きラインの常識を破る、驚きの性能をシェアします。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

さよならFCスナイパー

皆さんこんにちは、KenD(けんでぃ)です。
さて皆様、フロロカーボンラインは何をお使いでしょうか?
私は最初の頃にスーパーハード系(東レ)、その後は長くFCスナイパーを使っていました。

(サンラインHPより)

しかし上の記事にも書きましたが、2015年にモデルチェンジされます。
それによって少し太くなり、また150m巻のラインナップが消失・・・。
75m×2回で使いたかった私は、泣く泣くFCスナイパーを諦める事になりました。

その時から、FCスナイパーの代わりとなる定番フロロを探し求める旅が始まったのです。

 

フロロリミテッド最強説

それ以来、様々なメーカーのラインを片っ端から試してみる事にしました。
中でも気になっていたのは、巷で「最強」とウワサされるR18フロロリミテッドです。

(高いのが欠点ですが、Amazonで半額くらいで売っている事が多いです・・・)

そして実際に使ってみると、確かに本当に強い。
それも根ズレに強いだけでなく、圧倒的な「しなやかさ」も兼ね備えた素晴らしいフロロでした。
巻くならリミテッド撃つならリミテッドハードが現在最強のフロロではないかと考えています。

しかしリミテッド&リミテッドハードには大きな弱点がありました。
それがリミテッド=100mリミテッドハード=80mという糸巻き量です。

個人的に巻き物は75m撃ち物は50m巻けば十分と感じています。
ですので150m巻であれば75m×2回、あるいは50m×3回で使えるので重宝していたのですが・・・。
せめてリミテッドが80m、リミテッドハードが100mで反対だったらまだマシだったのにと残念でなりません。

結果としてコストが高くつくので、ちょっとケチって巻き替えのスパンを長くすることに。
すると・・・やっぱりラインって、てきめんに切れやすくなります。
おそらくハッキリ分からないほどのキンク(折れ)だったり、あるいは紫外線劣化などが蓄積していくからだと思うのですが・・・。
いかにR18フロロリミテッドと言えども、次第にアワセ切れなどが多くなってしまったのです。

スポンサーリンク

 

格安ボビン巻きラインの常識を破る逸品

そんな折、ふと試してみたのが同社(クレハ)のエントリーモデル、フロロマイスターでした。
320mと大容量で安価な、いわゆる「ボビン巻き」ラインです。

以前こうしたボビン巻き安ラインで痛い目を見た私としては、あまり興味を抱いていませんでした。
しかし各方面で愛用の声が多いため、一度だけ・・・のつもりで買ってみたのです。
(hebinumaさんでは絶賛されております・・・)

安いけど使える「フロロマイスター」が優れている2つの理由

そして実際使ってみると、これが結構、強くてしなやか
私が使っていた頃の旧FCスナイパーとほとんど遜色ないのでは???という気さえしてくる完成度だったのです。
(「ナマローブログ」さんに詳しい記事が書かれていました!↓)

シーガーフロロマイスターがコスパ最強でいられる理由

もちろんR18フロロリミテッドには、価格以外の全ての面で負けていると思います。
しかし数回使ったリミテッドと、新品のフロロマイスターを比べたらどうでしょうか?
もちろん使い方にもよりますが、後者が勝るというのが私の率直な実感でした。
(特にカバー撃ちなどではその傾向が強いと思います)

というわけで結局、私のフロロカーボンライン選択は”フロロマイスター”で落ち着きました。
これを短いスパンでマメに巻き替える事で、リミテッドを長く使うよりブレイクが減ったと感じています。
(ちなみに、しなやかさだけならR18BASSは最強クラスかと)

浚渫のディープを釣る場合など、どうしても「伸びやすい」点で不満を感じる事はありますが・・・。
現在は8~9割方、フロロはこれだけで済むようになってきています。
(そしてカバーなど切れやすい場面では、グランドマックスをリーダーに付けています。硬いですがリミテッドより強いかと)

というわけで、安くて強くてしなやかなフロロマイスター。
本当は全部300m巻きで統一して欲しいなど、あと一歩な点はありますが・・・
圧倒的なコストパフォーマンスを考えれば、フロロラインの決定版と言って良いのではないかと思います。
(16lb以上は240m巻になっているので、非常に使いにくいのです)

※ちなみに並行巻きでは無いですが、一度リールに巻いてしまえば同じだと思うので個人的には気にしていません。
以前メーカーさんに聞いてみたところ、逆に並行巻きはテンションを高めにしないといけないので、製品にする際ラインに負担が掛かる・・・という事をお話されていました。

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. テトラ撃ちには厳しいでしょうか?

    • 全然使えると思いますよ(^^♪
      条件がキツいほどフロロリミテッドの優位性が出ると思いますが・・・。
      ただしテトラ撃ちなら、特に「1回使用後のリミテッド」よりも断然「新品のフロロマイスター」の方が安心だろうと思います。

      • そうですか!貴重な意見ありがとうございます!
        フロロマイスター使ってみます!

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ