バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] スプリットリングとスナップは両方つけるべし!?

プラグにつけるのはスナップ、それともスプリットリング
しかし両方付けるとルアーに変化が・・・。
KVDもお勧めする、両付けの効果を考えます。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

スプリットリングとスナップ

みなさんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて昨日の写真で、読者の方より1つご質問を頂きました。
それはプラグにおいて、「なぜスプリットリングとスナップを両方つけるのか?」というものでした。

その理由を一言で言うと、「ルアーの動きが良くなるから」。
以前バスマスターの記事(だったと思う)で、“帝王”ケビン・バンダムがそんな事を書いているのを読んだのです。

(Bassmaster.comより)

これはプラッガーの間では比較的有名な事らしく、琵琶湖ガイドを代表するハードベイター、宮廣プロも同様のセッティングをしていました。
そんなわけで、私も一時これを真似する事にしてみたのです。

結果としてどうだったかと言うと、正直そこまで違いが分からなかったというのが本音・・・。
若干動きが大きく、滑らかになるような気もしないでもありませんでしたが、気のせいと言われればそうも思えてしまうレベルでした(苦笑)。
と言うわけで最近は、スナップだけを単独で使用する事が多くなっています。

(お勧めは音速ラウンドスナップです。特に泳ぎを重視する場合は特殊なセッティングを施しています)

スポンサーリンク

SKTマグナムはまだまだ使い込んでいる最中なので、色々なセッティングを試行中・・・。
そんなわけで、写真のルアーにはスプリットリングとスナップが両方ついていたというのが本当のところです。
このあたり、使うルアーによっても事情が違うと思いますので、まだまだ色々と使い込んで勉強していきたいと思っています。

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

    • ソル
    • 2017年 9月 13日

    詳しい時期は失念しましたが、ジャッカルのトランポ水野さんはソウルシャッドにはあえてスプリットリングとスナップを着けると書いてましたね。
    ソウルシャッドの動きが小刻みになりそれがまた良いんだとか。

    ただ琵琶湖でやってるとスナップに千切れたウィードを拾っちゃってやりにくいなぁと思う事としばしばです。リングだとそこまで絡まない様な気がします。

    • そうなのですね!
      今度トランポさんに直接聞いてみようかな・・・(;^ω^)

      そして琵琶湖に関してはまさにその通りで、スナップによる弊害も見逃せないと思います。

  1. 2017年 10月 11日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ