バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] イチから学ぶ「ミドスト」の基本(1) – 本質は”横のフィネス”

冬の寒さをものともせず、シャローに上がるビッグフィッシュ。
クリアウォーターの中層に浮く、難敵をどう仕留めるか?
唯一無二の横のフィネス、ミドストに挑戦します。。。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

ミッドストローリングをマスターしたい!

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて今回からは、今私が勉強しようとトライしている“ミドスト”ミッドストローリングについて書いてみたいと思います。
もう軽く10年以上前にブレイクした、今となってはド定番のテクニックと言っても過言ではないでしょうが・・・。
先日ちょっと呟いたところ反響が大きく、なぜか最近再流行の兆し(?)があるみたいですので記事にしてみる事にしました。

View this post on Instagram

デスアダー6インチ+スウィングヘッド1/32oz。やっぱりちょっと、フック小さいですかね… #デプス #deps #デスアダー #deathadder #ミドスト #ミッドストローリング #名古屋釣法 #…とはちょっと違う? #今度は5インチにしてみましょうかね…

KenD(けんでぃ)さん(@deeep_stream)がシェアした投稿 –

 

ミドストの本質は”横のフィネス”

ところでなぜ私が最近ミドストに取り組んでいるかというと、琵琶湖・北湖で出会った非常~に難しい個体を食わせあぐねているからです。
冬と言えば、ディープの沈み物にラバージグをタイトにコンタクトさせるといった釣りが定番かと思いますが・・・。
それとは別に、真冬でもシャローに上がってくるフィーディングのビッグフィッシュを狙いたいと考えているのです。

そうした力のある群れを実際に目撃しているのですが、水のクリアな冬の北湖は非常に難易度が高いと感じています。
4~5mのボトムが見える透明度では、プラグはもちろんスイムベイト系ですら見切られることもしばしば・・・。
これまでの私の引き出しの中では、もはや手も足も出ない難しい魚たちだったのです。

しかし彼らは決してヤル気のないタフ“な魚ではなく、喰う気はあってもルアーを厳しく見切るセレクティブ“な状態なのではないかと考えています。
目視で魚のポジションを確認しても、カバーのトップ付近に浮いている様子。
そしてこうした時にむやみにライトリグを投げても、レンジが合わないのでなかなか釣れないように感じています。

以前も少し書きましたが、ライトリグはの釣り」ボトムフィッシング」であることが多く、中層に動く物に反応する際はむしろハードルアーの釣りに軍配が上がる事も少なくないと思っています。
しかしあまりにもクリアアップし過ぎたりすると、プラグ等ではなかなか食わせづらくなってしまう・・・。
そうした難しい中層の魚を獲るための横のフィネスが、ミッドストローリングという釣りの本質なのではないでしょうか。

 

ライトリグのスイミングシェイク

そしてミドストの具体的なアクションを一言でいうと、「ライトリグのスイミングシェイクと表現できるのではないでしょうか。
つまりクランクやスピナーベイトを巻くように、ライトリグを横方向に泳がせてくるという動かし方。
そして泳がせてくる際、ロッドティップでシェイキングアクションを加えながら巻くというのが一般的だと思います。

(ミドストの第一人者と言えば、ご存知TOP50の山岡プロかと・・・)

リグとしてはジグヘッドリグが代表的ですが、ネコリグの他ダウンショット等色々なリグが使えるようです。
とりあえずド初心者なので、まずは基本の(?)ジグヘッドから入ってみたいと思っていますが。。。
リグり方次第でアクションが全く変わってしまうようですので、次回はジグヘッドのセレクトやセッティング方法について考えてみたいと思います。

 

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • 774
    • 2019年 2月 09日

    スイミングシェイクと言っていますがミドストのラインさばきは
    シェイキングのラインさばきとは違います

    • 情報ありがとうございます、勉強になります(^^♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アーカイブ