バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] スローダウンゲームの”早さ”の話

クリアウォーター攻略の、切り札となるフィネスの釣り。
スローダウンゲームの鍵は、意外にもその早さにある!?
苦しみながらトライしている、ライトリグの核心を考えます。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

南湖が北湖になる日

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて年初からミドストなど、スロー&フィネスな釣りにトライしている2019年。
普段の釣りを良く知る皆様からは、「一体どういう風の吹き回し?」と不思議な顔をされています(苦笑)。

古くから読んで下さっている方はご存知のように、私は基本的にプラグなどの巻く釣りが好きです。
他にもカバーのジグ撃ちなどもしますが、いずれにせよ“早い釣り”でどんどん魚を探していくタイプ。
しかしそうしたファストムービング系の釣りだけでは、近年限界を感じ始めてきています。

その主な原因は、琵琶湖のウィードの減少クリアアップ
豊富なカバーの消失は、そうしたフルサイズルアーの活躍の場を著しく減らしていると感じます。
南湖も北湖のようになるのではという予測から、この冬は北でライトリグの練習に励んできたのでした。

(マグナムクランクとか今年は出番が来るのでしょうか・・・)

しかしそれにも関わらず、なぜ先日の試合では相変わらずジグとクランクのカバーゲームだったんだ?と言われますと、「まだまだ全然フィネスが習得できていない」から(苦笑)。
誤解して頂きたくないのは、フィネスがカッコ悪いとか逃げだとか考えているわけでは決してなく、むしろエキスパートの釣りという憧れすら抱いています。
単に私のフィネスのレベルが低過ぎて、少ない濁りを探してクランクを巻いている方がまだ釣れる・・・というだけの話なのです。

それにしてもひと冬フィネスをやり込んで痛いほど実感しているのですが、本っっっ当に難しい
とりあえずライトリグ入れとけば喰うでしょ、っていうレベルの「逃げのフィネス」では全然話にならなくて、確固たる戦略をもって狙いすましたアプローチをしないと、全く釣果に結びつかないと痛感させられました。
もちろん全く釣れない事は無いのですが、すぐそばでエキスパートの方々がどんどん魚を抜いていくのを横目で見ながら、うちのめされる日々がずっと続いてきたのです。

View this post on Instagram

26日 朝は穏やかのち爆風な琵琶湖。 春なので毎日魚のポジションが変わりますが、何とか魚の動きに着いていかないといけないので今日も頭を柔らかくして対応。朝の地合いはスカして3、4箇所目に入ったエリアが機能。 4300gと4200gのプリスポーンな個体をキャッチ。長さは59.5cmという持ってるのか持ってないのかわからないゲストでした。実は今日この方にもシマノエクスプライドシリーズの265ul+というエキサイトトップ搭載のミドストに適した番手に18ステラをセットしたタックルをレンタルしたのですが、先日もこのタックルをレンタルしたゲストが単日62cm 5360gと61cm3900gを釣り上げる快挙の立役者なタックルなんです。そして今日もこのタックルセットで4キロ2本。この竿しか出せない何かがあるのか❓❓ 明日このタックルメインで使ってみよ〜😅 岡山から遥々ありがとうございます🙇 #サブマリンガイドサービス #琵琶湖バス釣り #琵琶湖ガイド #サカマタサマサマ #リバウンドスティック #スリップヘッドジグ #ブルフラット #deps #shimanofishing_jp #コンクエスト782s #exp265ul+ #18stella #この値段でこのパフォーマンス #sunline_japan #castaway 12lb #gamakatsu #ラウンド26r #セオライズ #kanjiinternational #マルチパーパスシンカー #drt #次元 #ペインテンス #お疲れ様でした

Takeru Tomimotoさん(@takeru.tomimoto)がシェアした投稿 –

というわけで今回はもがきながらトライしている、フィネスの釣りの核心について書いてみたいと思います。

 

スローダウンゲームの”早さ”

さてそうしたフィネスな釣りというのは、一回のキャストにかかる時間がどうしても長くなりがちだと思います。
もちろん例外はあると思いますが、基本的にはスローダウンゲームになると考えてよいでしょう。
そしてこうしたスローな釣りをする際に重要になるのは、実はスピードではないかと最近感じています。

何をまた矛盾したことを・・・と思われるかもしれませんが、釣っているプロガイドさんたちの動きを見ていると、自分よりも遥かに早いペースでポイント移動していることに気が付きました。
釣りというのはどこまで行っても、事前に釣れる状況を100%予想できるものではないと思います。
ですからなるべくテンポよく動くことで、より多くのポイントやシチュエーションをカバーすることがバスフィッシングにおいて一つのキーになると思うのですが・・・。
こうしたスローダウンゲームでは、ついつい一つのポイントに時間をかけ過ぎて効率を落としてしまいがちなのではないでしょうか。
上手いアングラーはフィネスでも早いペースを保つことで、しっかりとその日の魚を探せているのではないかと思うのです。

View this post on Instagram

3/18の釣行! やっと暖かくなる、、、 やっと、、、っと思ってたら朝の冷え込みヤバっ(╯⊙ ω ⊙╰ ) カバーカチカチ、こらあきまへん( ˙-˙ ) とりあえず今日は凪の予報、、、 これも外れて南湖荒れ模様( ¯-¯ ) もー、せっかく下物探検隊しようおもたのにw 仕方なく北上ー! とりあえず昨日好調だったとこへー、 んー、無( •︠ˍ•︡ )春怖w ほな、昨日行ってないとこで次動きそうなとこ回ろかと転々と釣りしていくとポロポロ、 こんなちゃいちーいらんねん!って思ってたらドラグぎゅーーーーん これこれー(੭ꠥ⁾⁾´・ω・`)੭ꠥ⁾⁾ まずは58㌢!ここから春爆が始まるわけで、、、 とりあえず連チャンはしなかったので試合では使えてなかったが僕の中で試したかったものが、、、 リグり動きみてやっぱりな|´-`)チラッ 基本釣れるリグは数投で答えでます! ここからすぐに56、53、54、59!!しかも、もれなく全てが3㌔OVER!! 5本のウェイト17260g!! うわぁー、昨日これ投げとけばよかったー0(:3 )〜 _('、3」 ∠ )_ まぁ、後の祭りです笑 結構釣り欲も収まったので昼メシ食うて、午後からは下物探検隊!! まぁ、僕の大嫌いな下物です( ̄ ̄ ̄ー ̄ ̄ ̄)ニヤリ とりあえず春の体に仕上げるためにベイトメインで、 各所で当たりはあるが乗らなかったりそこまでやばいのはかからず4本追加で終了ー! 全部で12匹かな? 50upは7本?8本?あんま覚えてない( ¯-¯ )w まぁ、午後からはグダったが久々に釣り楽しめたかな? トーナメント前は釣れると思う魚はスルーするので先週はホンマに全く釣れない日々を淡々とこなして病みかけてたのでいい治療になりました(・∀・)! まぁでかいルアー!ワームにも反応が良くなってきてまさに春ですねー #バスフィッシング #琵琶湖 #LakeBiwa #SHIMANO #GLoomis #Fenwick #deps #GEECRACK #春爆!! #よう考えたら今まで何回も春爆って言うてる #ホントの春爆は今日から #とりあえず #5本 #17260g #痺れるぅー #でももっとやばいの釣りたいなー #サカマタシャッド8 #ブルフラット5.8 #でかいの反応よすよす #意外とちっさいのもいいかもよー

達也。さん(@nopan.tacchan_0524)がシェアした投稿 –

しかしこれはもちろん、リグを動かすスピードを速くしているというわけでは決してないと思います。
時間をかけてライトリグをしっかりと丁寧に操作しながらも、移動が早いというとマジックのように聞こえてしまうかもしれませんが・・・。
たぶんその答えは、キャスト数が少ない事にあるのではないかと予想しています。

そしてなぜキャスト数を少なく出来るかというと、釣れる場所タイミングをきっちりと把握できているからではないでしょうか。
ここぞという場所を的確に絞り込んだ上で、ベストなアプローチでルアーを送り込む・・・。
無駄撃ちが極めて少ないからこそ、僅かなキャスト数でポイントを見切る事が出来るのではないかと想像しています。

 

苦しみのトンネルを抜けて

というわけで今取り組んでいるフィネスの釣りにおいて、キーファクターになるのではないかと考えている早さについて書いてみました。
しかしこれを実現するためには、今魚がどこにいるかという的確なポイント選びを始めとした、バスフィッシングの総合力が要求されると思います。
つまり無駄が少ないために、結果として釣りが早く出来るのだと言えるでしょう。

釣れないとついつい、ルアーの種類やカラーなど細かい所に目が行きがちになってしまうのが釣り人のサガではないかと思いますが・・・。
(もちろんそれも大切ですが)
今自分のフィネスが全然ダメなのは、もっともっと根本的な部分が全然なっていないからではないかと考えています。
何だか最近釣れなさ過ぎて辛いのですが(苦笑)、頑張ってこのトンネルを抜けられるように修行していきたいと思っています。

フィネスな釣りが得意な皆さま、ぜひご教授ください・・・)

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 4月 06日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

アーカイブ