バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[速報] 2017Bassmasterエリートチャンプは、ブランドン・パラニュークに決定!!

激闘続く2017エリートシリーズ、いよいよ最終決戦。
巨大スモールの聖地で、“超新星”が猛チャージ!
しかし悲願のAOYを決めたのは、ブランドン・パラニューク選手でした!!

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

パラニューク、AOY決定!

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
2017Bassmasterエリートシリーズの最終決戦、AOYチャンピオンシップ戦。
巨大スモールの聖地ミルラクス・レイクでチャンプを決めたのは、若きブランドン・パラニューク選手でした!!

(今回の写真は、Bassmater.comよりお借りしております)

早くからその才能に注目されてきたパラニューク選手ですが、これまでなかなかアングラー・オブザイヤーには届かず・・・。
そうこうしているうちに、今年はFLWから移籍してきた“超新星”ジェイコブ・ウィーラー選手が大活躍!!
あわやルーキーイヤーでチャンプ奪取か!?とも思われましたが、20位で見事逃げ切りを決めてのAOY獲得となりました。

ちなみにジェイコブ・ウィーラー選手は最終戦4位フィニッシュでマクリましたが、惜しくも届かずシリーズ3位
それでも開幕戦でのいきなりの優勝劇など、古参のエリートプロを震撼させる大暴れのシーズンだったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

それから惜しくも12ポイント差のシリーズ2位に甘んじたのは、ジェイソン・クリスティ選手。
クリスティ選手と言うと、2016クラシックでエドウィン・エバース選手との一騎打ちを演じたシャローマンのイメージが強いのですが・・・。
フィネスなオフショアアングラーのパラニューク選手と最後まで競ったのが、シャローマンのクリスティ選手と言うのはなかなか興味深く感じました。

というわけで、パラニューク選手が悲願のAOYを達成した2017Bassmasterエリートシリーズ。
年間ランキングを俯瞰すると、エリートでも次第に世代交代が進みつつあるような印象を受けます。

(クラシックを制したジョーダン・リー選手の大逆転は凄かったですね。。。)

というわけで若手の活躍が目立った今シーズンですが、来年はベテランの逆襲があるのか!?
来シーズンの熱戦が、今からもう楽しみでなりません!!
(ちなみに9位となった“オールドルーキー”ジェイミー・ハートマン選手がルーキー・オブザイヤー!個人的にかなり嬉しかったポイントですw)

※訂正:すみません!ROYは何と1ポイント差でダスティン・コネル選手でした!!惜しかった・・・。

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 10月 06日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ