バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[速報] 北大祐プロ、TOP50引退!?

青木選手最後のシーズンとなる、2018・TOP50。
しかし“ダイスケ対決”のライバルとなる、北選手の名前が無い!?
風雲急を告げる、来季TOP50エントリーリストをシェアします。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

北大佑プロ、TOP50引退!?

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
寒波襲来で大荒れの年末、釣り業界にもまだ嵐が吹き荒れるようで・・・。
何と今を時めくトップトーナメンター・北大祐プロの名前が、来季TOP50の出場選手リストに見当たらないのです!!

(今回の画像は、JB/NBC公式サイトよりお借りしております)

近年では2016年TOP50チャンプ、そしてバサクラ2連覇という目覚ましい活躍を見せた北選手。
国内の主要タイトルを全て獲得した”スーパーグランドスラマーとして、これまで数々の偉業を成し遂げて来ました。
現代最強のバスプロと言われる青木大介選手の、最大のライバルと言って良いでしょう。

しかし既報の通り、青木選手は2019シーズンのアメリカ挑戦を発表。
ですからダイスケvsダイスケの戦いは、いよいよ2018年が最後かと思いきや・・・。
何と既に、2017年限りで幕を下ろす事となってしまったのです。

それが一時的な参戦休止なのか、もしくはトーナメント自体からの引退なのか?
またその理由は経済的な問題なのか、それともモチベーションその他の問題なのか?
北プロから正式な発表がなされていない現時点では、それらの事情をうかがい知ることは出来ません。
しかしトップトーナメントで「巻いて勝てる」稀有な選手である北プロの引退には、クランカーの端くれとして巨大なショックを隠せませんでした・・・。

五十嵐誠プロの参戦休止も大変な衝撃でしたが、それをさらに上回るインパクトの”事件”と言っても過言ではないでしょう。
そしてストロング・スタイルで活躍した澳原潤選手の名前まで消えているのも、個人的には非常に残念でなりません。。。
実力ある選手が次々と姿を消してしまうTOP50の未来に、暗い予感がするのは私だけでは無いのではないでしょうか。

正直今はまだ気持ちの整理がつかず、何と評して良いのか分からないというのが本音です。
しかし1つだけ確実に言えるのは、日本のバス・トーナメントが大きな曲がり角を迎えているという事。
そして適切な対策を施さなくては、その凋落が止まる事は無いという事ではないでしょうか。。。

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • 関係者
    • 2017年 12月 28日

    発言に責任が無さ過ぎる。
    想像と自分の浅はかな思い込みで書くな。
    ハッキリ言って迷惑。

    • JB関係者の方から直接のコメントを頂き、本当にありがとうございます。
      また、ご不快な思いをさせてしまいましたようで大変申しわけありませんでした。
      トーナメントファンとして、有力選手が去ってゆくのを見るのは大変残念な気持ちでおります。
      今後ともJBトーナメントの盛り上がりを期待しておりますので、私共ファンが楽しめるイベント運営をよろしくお願い致します。

    • 774
    • 2017年 12月 28日

    五十嵐さんの言っているようにプラまで入れた1戦に必要な日数が14日でそれが5戦で90日
    この間は試合で上位入って賞金取らないと稼ぎがゼロになるのとエントリーフィーが
    1戦50万だか60万ですしTOP50に参戦するメリットはほんとに無いと思いますね

    TOP50はエントリーフィーの割に賞金安いですしほんの一握りの人以外は大赤字でしょうね

    • エントリーフィーは1戦10万くらいと聞きましたが、トレイルに掛かる費用や時間(それによる収入の減少)がやはりキツいみたいですね。。。
      やはりほとんどの選手は赤字だそうで、プロトーナメントの実態としては正直かなり苦しいのではと推察します。

        • 774
        • 2017年 12月 28日

        TOP50のエントリーフィー1戦56万円位じゃなかったかな
        バス釣り雑誌のどれだったか忘れましたけど先月のイマカスの記事で
        五十嵐さんの事に触れてましたがTOP50に全戦参加するエントリーフィーだけで
        年間300万近く必要と書いてありましたし…

        • 年間300万のコストでは、一回優勝(250万)してもペイできないですね・・・(;^ω^)

    • 吉備
    • 2017年 12月 28日

    5戦合計のentry feesが56万円程度だったと思います。
    eliteやflw tourは300万程度かかるようです。

    • 情報ありがとうございます!
      調べてみたところ、エリートのエントリーフィーは1戦5000$(約60万円)らしいので、負担ハンパないですね・・・(;^ω^)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年12月
« 11月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ