バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 青木選手トップ発進!2017JB TOP50第4戦桧原湖Day1

早くも秋めく北のスモール戦、桧原湖ラウンド。
タイトルレースの天王山で、青木選手がスタートダッシュ!
グラム刻みの大混戦、ドッグ・ファイトの火蓋が切って落とされます。

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

グラム刻みのドッグ・ファイト

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さあ、いよいよタイトルレースの天王山とも言えるTOP50第4戦、桧原湖ラウンドがスタートしました。
昨年は五十嵐誠選手が圧倒的な強さを見せ、桧原湖マイスターの名を欲しいままにしたのも記憶に新しいところですよね。

(今回の画像は、JB/NBCオフィシャルサイトよりお借りしております)

※ところで、“イガジグ”って市販化しないんですかね・・・

しかし桧原湖を得意とする猛者は、五十嵐選手に限りません。
最多AOY獲得を狙う“最強トーナメンター”、青木大介選手が4,375gでトップ発進!
3ポイント差の暫定2位から、タイトルレースの先頭へと躍り出ます。

スポンサーリンク

そして僅差の2位には、”一刀流”の福島健選手。

3位に若手の西川慧選手が続きますが、今回はウェイトの競り合いが凄い!
なんと1~3位が全員4300g台と言う、未曽有の大接戦となっている模様です。

全体の釣果を見ても、ほとんどが5尾のリミットを揃えているというある意味「釣れる」試合の様子・・・。
しかし釣れるトーナメントほど難しい、という格言もあり、まだまだどうなるか分かりません。
(一方で、昨年チャンプの北選手は3尾。これが試合の怖さ。。。)

早くも秋めく北のスモール決戦、Day2のドッグ・ファイトにも注目です!!

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2017年 9月 11日

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

アーカイブ