バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[偏光グラス特集15] レンズは最低2つ要る!?カラーの使い分けの必要性

見え方に直結する、偏光グラスのカラー選び。
好みは人それぞれとはいえ、最低2色は持っておくべき!?
日々強まる陽射しに感じた、使い分けの必要性をシェアします。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

進む季節とハイライト化

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
風薫る五月晴れの日々、本当に気持ちの良い天気が続いていますね。
輝く太陽の下で、いつも見ているはずの景色も一段とキレイに見える気がします。

そんな5月の陽気の中で、最近ヒシヒシと感じる事があります。
それは「晴天時用」として、昨年末に新調した偏光グラス・・・。
トゥルービュースポーツというカラーのありがたみを、最近痛感しているのです。

TALEXの「最初の一本」として、ローライトで抜群の威力を発揮するイーズグリーンを勧める気持ちは変わりません。
しかし晴雨兼用として使っていると、どうしても晴天時の眩しさがちょっと気になっていました。
それでトゥルービュースポーツを一本追加したわけですが、実はこれまでそれほど恩恵を感じていなかったのです。

ところが先日、朝曇っていたので久しぶりにイーズグリーンを掛けていたところ・・・。
昼過ぎに太陽がさんさんと輝き出した時、正直「眩し過ぎて無理」と感じてしまいました。
これは最近、トゥルービュースポーツ(+ミラーコート)に慣れてしまっていた事もあるかと思います。
しかし一番大きいのは、やはり季節が進んで日照がきつくなってきた点にあるのではないでしょうか。

(導入した時はシーズンが冬でしたので、そこまで恩恵を感じなかったのかなと・・・)

そして肝心の水中の視認性も、ハイライト下では明らかにイーズグリーンより見やすいと感じました。
「明るく見られる」のが売りのイーズグリーンですが、やはり天候によっては明る過ぎて逆に見づらくなってしまいます。
(写真で言ったら、白飛びしてしまう様な?)
そもそもの偏光度もトゥルービュースポーツの方が高いという事もあり、ハイシーズンの」晴天時は特に差が出るなと感じた次第です。

(それから視認性うんぬん以前に、眩しいと釣りの後に頭が痛くなってくるんですよね・・・)

正直言ってタレックスの偏光グラスはかなり高価なので、一本で済ませられるならばそれに越したことは無いと思います。
というわけでイーズグリーンだけで押し通せないかな?と思っていたのですが、ちょっと無理だなと私は感じました。
以前も書いたように、私はTALEXさんからレンズを提供して頂いている(フレームは自腹)ので少しお話を差し引いて読んで頂ければとは思うのですが・・・。
やはり晴天時はトゥルービュースポーツ(+ミラーコート)、そして曇天時はイーズグリーンという2色は最低でも使い分けた方が良さそうです。

ちなみにイーズグリーン+ミラーコートで一年中OK!というご意見もあり、これも試してみたいところですが・・・。
最近眩しさを感じるという方には、トゥルービュースポーツに代表されるグレー系をぜひお勧めしたいと思います。

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ