バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] バスボートと住む!バサーの夢”ガレージハウス”が格安で実現!?

自宅でバスボートと共に住む、“ガレージハウス”の理想生活。
バスアングラー究極の夢が、何と驚異のプライスで登場!?
前代未聞の新プロジェクトを、緊急レポートします!

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

アメリカ・ロスの日々

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
アメリカで宮崎プロのお宅にお邪魔して参りましたが、広い土地に大きなガレージ・・・。
自宅艇庫にフルサイズバスボートが鎮座する、まさにアメリカンドリームを目の当たりにして来ました。

我々バスアングラーにとって、まさに究極の夢とも言えるガレージハウス。
しかし国土の狭い日本でこれを実現しようとしたら、一体いくらかかるのか想像もつきません。
それこそ「宝くじに当たったら・・・」クラスの、はかない幻想の物語と言っても過言ではないでしょう。

実は私も日本に帰国して、アメリカとのあまりの違いにちょっとした喪失状態になっています。
もちろん日本のバスフィッシングに、価値が無いと言いたいわけでは決してありません。
しかし目を閉じると、脳裏に浮かぶのはあの輝くルイジアナの太陽、咆哮を上げるバスボートの群れ、華やかなトーナメントの熱気・・・。

あまりにも鮮やか過ぎる景色の数々が、まぶたに焼き付いて離れません。
どうやら私は、重いアメリカンバスフィッシング・ロスの病にかかってしまったようです。

 

実現可能なジャパニーズ・ドリーム

そんなこんなでちょっと欝々とした日々を送っていたのですが、先日ある衝撃的な情報が飛び込んできました。
何とここ日本でも、バスボートを入れられるガレージハウスの計画が立ち上がったとの事。
いつも愛艇と共に住めるという、夢のようなプロジェクトがスタートしたというのです。

(写真は車ですが、いつも自宅でメンテナンス出来るという理想的な環境です。。。)

もちろん従来からガレージハウスは存在しますが、バスボートを格納できる艇庫はまずありません。
しかし間口4m以上、奥行き8m近く(予定)という寸法は、フルサイズバスボートすら収まる余裕の設計。
(船によってはスイングトングブラケットが必要かもしれませんが)
工具棚の設置や作業スペースを加味しても、必要なスペースが確保されていると言えるのではないでしょうか。

(しかもいつでも愛艇・車を眺められるという。。。)

そしてドリーム・プランの舞台は、日本の誇る世界一のビッグバスレイク”琵琶湖
自宅ガレージのシャッターを開けて、すぐ眼前に広がるフィールドに繰り出す日々・・・。
愛艇を駆って広大なマザーレイクに挑戦するライフスタイルは、ジャパニーズ・バサー究極の夢と言って良いでしょう。

そうは言っても実際には夢のまた夢で、自分とは関係ない雲上のお金持ちの話・・・と私も思っていました。
ところがこのガレージハウス、何と「賃貸」で計画されているとの事!
しかも月額10万以下という驚異のプライスタグを目標に、実はもう建設計画が決定しているというのです!!

これなら自宅用途としてはもちろん、琵琶湖ベースとして別荘にする事も可能。
その上複数人でシェアする事も出来るらしく、ボートごと共同所有なんて選択肢も実現できます。
これは現代に突然舞い降りた、「手が届くジャパニーズ・ドリームと言っても過言ではないのではないでしょうか。

(琵琶湖のプロガイドさんとか、まさにうってつけなのではと・・・)

 

秘密のドリーム・プラン

しかしこれを知った時点で、物件の場所間取りなど具体的な情報がオンラインに上がってきていませんでした。
というわけで計画元の「合同会社アスタリスク」さんに急いで問い合わせたところ、会員限定で詳細情報をシェアしているとの事。
そもそもガレージハウスは計画戸数が不足しがちな上、予想を遥かに超える問い合わせがあったのだそうです。

https://apc01.safelinks.protection.outlook.com/?url=http%3A%2F%2Fasterisk-shiga.co.jp%2F%3Fad_type%3DKenD&data=02%7C01%7C%7C800dbe1ba8294c3633dd08d5eab993fb%7C84df9e7fe9f640afb435aaaaaaaaaaaa%7C1%7C0%7C636673005123915357&sdata=%2BHg02YJJbcgeEEXDA5Ytj1OsMuMQ6%2F4oYE5kNl2THIU%3D&reserved=0

というわけでもちろん私も、同社の運営するG-STYLE CLUBに速攻で会員登録。
秘密のドリーム・プランの詳細をチェックしてみたのですが、まあ~一言で言えばまさに「理想」
会員限定なので内容をアップできないのが心苦しいですが、1Fビルトインガレージ+2F居住スペースという夢の間取りです。
しかも琵琶湖湖岸までわずか30mと知った日には、もう胸が高鳴り過ぎて失神しそうな勢いでした(笑)。

(写真はイメージですwww)

そしてG-styleclub内にて、いよいよ入居の仮予約までスタート。
倍率は死ぬほど高いでしょうが、続々と新規の建設計画も持ちあがっているのだそうです。
会費は無料ですし、優先的に物件情報を配信してもらえるそうですので、興味があれば少しでも早く登録しておくべきではないでしょうか。

“G-STYLE CLUB”の登録はコチラ

もちろん私も登録しまして、それだけでは居ても立ってもいられずアスタリスク社を訪問!
滋賀県初の賃貸ガレージハウス計画に賭ける社長と意気投合し、バスボート用ガレージハウスの夢を延々と語り合って参りました(笑)。
(そんなわけで、先日超久々に琵琶湖に行ってきたというわけです。。。)

実はこのプロジェクトですが、本来は車用として計画がスタートしたのだそうです。
しかし日本一のビッグレイクの湖畔にあって、バスボートを考慮しない理由が無いではありませんか!!
私の暑苦しい熱弁に応じてくれた社長に、「今後はバスボート専用プランも検討していく」と力強く応えて頂く事も出来ました。
入居者はもちろん、投資家地主の方からの連絡も歓迎しているそうですので、気になる方はぜひ問い合わせてみて下さい。

(今回の画像は、アスタリスクさんよりお借りしております)

というわけで、まさかの滋賀県ガレージハウス移住となるのか(苦笑)!?
ともあれ非・釣具業界の方が見えやすい形で経済効果をもたらしてくれる事は、我々バサーだけでなく地域にとっても良い話だと思います。
今後ますます要チェックしていきたい動きだと思いますので、もしよろしければシェアして頂けると幸いです。

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

    • かずま
    • 2018年 7月 23日

    いいですね、バスボートガレージ!
    仲間とシェアすれば家賃も割安になり、わいわい楽しめそうです!
    私も琵琶湖にはよく行くので、参考にさせてもらいます!!

    • はい、仲間とシェア出来ればさらに実現可能性が高まりますよね!!
      需要が見込めればさらにどんどん作っていく予定だそうですので、ぜひ会員登録してリクエストを伝えて下さい(^^♪

    • D.D
    • 2018年 7月 24日

    愛艇と共に暮らせるなんて最高ですよね(^ ^)
    今の部屋の家賃と駐車場で7万です。ボートを預ける費用も別途かかる事を考えると、本当に滋賀へ引っ越そうかと悩んでいます。。。今日は眠れそうにありません( ? _ ? )

    • そうなんですよ~。私も10万くらいと聞いた時に、「んっ?」と思いました。
      実はこれってそこまで高くないのでは・・・と。
      眠れない思い、私も体感いたしました(笑)。
      夢の実現計画、ぜひ立てましょう(^^♪

    • TaKa
    • 2018年 7月 24日

    賃貸でガレージハウス!
    そんなのがあるんですね。
    釣り場まですぐ、家に帰っても釣り具とボートに囲まれて夢のような生活。
    滋賀県に移住するのもハードルは高いですが、賃貸と聞いたら少しは希望が持てます。

    • そうなんです、持ち家一戸建てガレージハウスとなるとかなりハードルが高いわけですが・・・。
      賃貸10万以下だったら、夢の琵琶湖移住も現実になるかも!?って思えてきますよね(^^♪

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年7月
« 6月   8月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ