バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 並木選手トップスタート!グレートアマゾン・ワールドフィッシングラリー

“釣りのオリンピック”、グレートアマゾン・ワールドフィッシングラリー開幕!
そして世界のT.Namikiが、地元スペシャリストに先制パンチ!?
雄大なアマゾンを舞台に、日本のトップアングラーが大暴れです!

※トップ画像は秦拓馬選手のtwitterより

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

並木選手、いきなりのビッグスコア!

みなさんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
当サイトでも以前お伝えしました「グレートアマゾン・ワールドフィッシングラリー」が、ついに開幕した模様。
そして初日トップスタートを決めたのは、“世界のT.Namiki”こと並木敏成選手でした!!

詳細なルールが良く分かっておらず恐縮なのですが(汗)、ポイントを見る限り2位以下を大きく突き放すビッグスコア!
地元ブラジルチーム・ゴイアス(州)チームを抑え堂々の暫定トップはさすがという他ありません。
一度も釣ったことが無い(であろう)アマゾンの怪魚を相手に、日本トップアングラーのレベルを十分に知らしめる先制パンチと言えるでしょう。

 
その一方で、本格派釣りyoutuberとして勇名を馳せる“ダウザー俺達”こと秦拓馬選手は、何と最下位の0ポイント。
一体どうしたのかと心配したのですが、何と帰着間際のトラブル(ボートの故障?)でノーポイントに終わってしまったようです。
しかしそれさえ無ければ並木選手とワン・ツーフィニッシュだったそうで、2日目以降の挽回が期待されます。

 

ところで”グレートアマゾン・ワールドフィッシングラリー”って何?

ところでそもそも、この大会って何???と疑問をお持ちの方も少なくないと思います。
これは今年初開催のブラジル・アマゾン川を舞台にしたルアートーナメントで、世界各国から一流ルアーマンが集う世界戦との事。
広大なアマゾンを舞台に、何と7日間にもわたる過酷なサバイバル・ラリーが繰り広げられるのだそうです。

公式HPを見てみる限りでは、参加チームは以下の5つ。
どう考えても地元ブラジルの2チームが有利に思えますが、そこで初日あわや1-2フィニッシュとは凄過ぎます。

日本
ブラジル
ゴイアス(ブラジルの州)
アルゼンチン
中国

(© Great Amazon Fishing Rally Association)

ちなみに対象魚は以下の6魚種で、これがどうやら4カテゴリーに分けられているらしいです。
ピーコックバスアロワナレッドテールキャットなど「それ知ってる!」というお馴染みの魚たちも顔見えしています。
スコアはポイントによって決まるようですが、どうも詳細なルール設定はまだ公式HPでオープンになっていない?模様です。

(© Great Amazon Fishing Rally Association 私が発見できなかっただけかもしれず、ご存知の方がいらっしゃれば是非教えて下さい)

※訂正:記載ありました!失礼いたしました

ルール

というわけでワールドワイドなビッグトーナメント、とにかく日本選手の活躍を期待したいところ。
8位につけているマルコス選手の奮闘も含め、2日目以降のリザルトも追っていきたいと思います!

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

アーカイブ