バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D]劇的に釣果が上げるセミナーとは? – ディープストリームの新たな挑戦 –

2016年、ディープストリームは新たな挑戦を開始します!
勝ち負けだけでは終わらない、トーナメントがもたらす意味。
求めたのは「釣果の証明」でした。。。

スポンサーリンク

 

KenDは釣りが上手いのか!?

皆さんこんにちは、釣りに行きたくてそわそわしているKenDです。
おかげ様でディープストリームは、たくさんの方々に見て頂ける釣りサイトに成長してきました。

40万PV突破!DeeeP STREAM 1周年の決意と公式スポンサー
皆様に愛されて、ディープストリームはついに1周年。 40万以上ものPVを頂き、サイト運営は大きな岐路に・・・。 そしてついに、公式ス...

そんな中で、1つ心配になってきている事があります。
それは一部の方に、「KenDは凄く上手いアングラーだと勘違いされていないか???」という事です。

理屈っぽい性格なので、毎回あーだこーだと何でも分かってるみたいに書かせて頂いています(笑)。
しかしごめんなさい・・・それ、全部私の想像に過ぎません

釣りの回数をこなせない分、いつも釣りの事を考えた結果として色々な事を思いついているわけです。
けれども自分でも自覚していますが、頭でっかちのアングラーになってしまっているのです。。。
ですから色々書いてはいても、単に自分の中での妄想でしかない危険性を強く感じています。

 

「現場」こそが唯一の答え

釣りって、人間には明確に理論化できない微妙な部分が多いと感じます。
昔のセオリーも、今となってはあれは一体何だったのか・・・的なものが非常に多い気がします。

[D] 「シーズナルパターン」は死んだのか
青木大介プロ渾身のベストセラー、「適材適所のルアーセレクト」。 超・刺激的なその内容は、これまでのセオリーを全否定!? 最強ト...

そんな中で、ではどうしたら釣りの真実に近づく事が出来るのか?といえば、それはもう「魚に直接訊く」しかないのだと思います。
その意味で、本当の答えはフィールドにしかないのではないかという思いを最近ますます強くしています。
(それを読み解けるか否かは別として)

 

トーナメントがもつ「勝ち負け以上の意味」

こうした徹底した「現場主義」がどうしても必要だと感じてはいるのですが、なかなか今以上に釣行日数を増やせそうにはありません。
そんな時どうすれば良いのか?と考えた時、出てきた答えは「トーナメント」でした。

12772004_10153906647025915_3082998218812750377_o

1人で1日釣りをしていても、「今日はなぜか釣れなかったなぁ」という結論で終わってしまう事が(私の場合)非常に多いです。
しかしその日がトーナメントであれば、自分は駄目でも釣ってくる人は必ずいます
言わばその日の正解パターンを「答え合わせ」出来る事が、トーナメントの最大の魅力だと私は感じています。
(勝ち負け以上に、そこに大きな魅力を感じます)

浜名湖オープントーナメントというソルトの大会に出場する事で、私はトーナメントによる劇的な釣果の向上を体験する事が出来ました。
元が下手過ぎるという話はあるのですがw、何せそれ以前は1尾のデイシーバスも触る事が出来ない状態でしたので・・・)
その意味では、トーナメントと言うのは最高に勉強になるセミナーという事も出来るのではないでしょうか。

釣りがある日突然上手くなる!?浜名湖オープントーナメントのススメ
まず最初に・・・トーナメントに関する昨日の記事を読んで下さった皆様、ありがとうございました。 堅い話にも関わらず、反響がとても...

そこで、今度は自分のライフワークであるバスフィッシングを、トーナメントという新しい切り口から取り組んでみたいと思うのです。

 

2016年、いよいよバストーナメントの世界へ!

そんなわけで今年は、いよいよバストーナメントの世界に足を踏み入れてみたいと思っています。
意外に思われるかもしれませんが、実はバスに関しては出場経験がありませんので。。。
(バストーナメントは見るもの、という意識でした)

北選手が大逆転!そして年間タイトルは・・・!? 2015 TOP50第5戦 霞ヶ浦Day3
(JB official site twitterより) JBTOP50第5戦 霞ヶ浦ラウンド、運命の最終日。 2013チャンプ北選手が、何と予選9位からの逆転...

しかし腕を磨き、想像だけでなく釣果の証明を伴った記事を書くために。
2016シーズンは、バストーナメントへの参加でスキルアップを目指します。

まだ何にエントリーするのか?については決めかねている段階です。
初年度という事もあり、1つのシリーズを追いかけるというよりは、手軽に参加できる様々なトーナメントを体験してみたいと考えていますが・・・。

北の深海魚に軍配!2015琵琶湖オープン第4戦
(琵琶湖オープンHPより) 人気沸騰の琵琶湖オープントーナメント第4戦。 優勝は、何と北湖10m以深でのヘビキャロ! 秋に北湖が...

それからフィールドも最近は琵琶湖オンリーだったのですが、これを機に様々なタイプの湖を経験してみたいと思っています。
というわけで、琵琶湖オープンH-1グランプリナガラ1o耐各ローカル大会など、色々と検討中。
今年は皆さんのホームフィールドに急遽お邪魔するかもしれませんので、その際はぜひよろしくお願いします(^^♪

 

※更新情報と時事ニュースをお届けしますので、ぜひFacebookページへのいいね!& twitterのフォローをよろしくお願いします。

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ