バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

アウトドア&フィッシング ナチュラム

[D] イヨケン覚悟の決意表明と、”最後のスター”を巡るウワサ

イヨケン、オールスター出場辞退!?
「自分の夢に忠実でありたい」と、腹を括って決めた覚悟。
晴れの舞台に背を向けて、奇跡に賭ける決意表明をシェアします!

スポンサーリンク

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

伊豫部プロ、覚悟の決意表明

皆さんこんにちは、KenD(けんでぃ)です。
先日もお伝えしましたが、バスマスターエリートシリーズでは日本人選手の大量降格の悪夢が現実となってしまいました。

2016bassmasterelitefin

特に、次の世代を担う期待の伊豫部プロが残留圏内に留まれなかった事は、大きな大きな痛手。
米国トーナメント挑戦史の冬の時代を予感させる出来事に暗くなっていた私に、しかし驚きのニュースが飛び込んできました。
なんと伊豫部プロが来年の残留を賭け、最後のセントラルオープン戦に臨む覚悟を決めたというのです!

皆様にご報告があります。  2016年のB.A.S.S.エリートシリーズを僕は年間89位という成績でフィニッシュしました。本題はこれからのことです。ルール上、基本的に年間成績71位以下の選手は翌年のエリートシリーズ出場権を失います。ただし、そうして出場権を失った選手のなかでも、ここ10年間の平均成績がいい選手には、上位から順にエリートに残留できるという措置がとられます。  けれど、僕には昨年と今年の2年分しか実績がないため、正式発表はまだですが、来年のエリートシリーズにクオリファイすることはおそらく難しいものと思われます。  とはいっても、正式発表をただ待つことしかできないわけではありません。  エリートシリーズへの登竜門にB.A.S.S.オープンがあります。これは、エリート出場権を獲得するために、僕が一昨年まで6シーズンを戦っていたシリーズで、セントラル、サザン、ノーザンの3地区でそれぞれ3試合が開催され、各地区の年間成績上位5名にエリートの出場権が与えられます。  僕は今年、エリートだけでなく、このオープンシリーズのセントラル地区にもエントリーしています。つまり、ここで年間5位に入れば、一昨年のようにエリートの出場権を得られるわけです。全3戦中2戦目までを終えて、状況は正直厳しいと言わざるをえませんが、最後の最後まで来年のエリートに出ることを諦めたくありません。どうしても最後の望みをかけてB.A.S.S.オープン第3戦に出場したいんです。そして、そうすることを僕は決めました。  皆様へのご報告というのは、B.A.S.S.オープン第3戦とBasserオールスタークラシックの日程が重なっていることであり、つり人社Basser編集部に招待されている今年のオールスタークラシックを僕が欠場するということです。  応援に来てくれようとしていたファンの皆様の期待を裏切り、スポンサー様には多大なご迷惑をかけることになってしまいますが、自分がバスプロとして生きる場所はやはりB.A.S.S.エリートシリーズをおいてほかにありません。本当に申し訳なく思いますが、自分の夢に忠実でありたいという僕のわがままを、どうか許してください。  遠く海の向こうから、30回目の記念大会である今年のオールスタークラシックが大いに盛り上がることを祈っています。そして場所は違えど、僕も同じときにアメリカで全力を尽くすことを誓います。 伊豫部健

Ken Iyobeさん(@ken_iyobe)が投稿した写真 –

もちろんそれは、もはや奇跡に近い小さな小さなチャンスと言わざるを得ません。
しかも日程の被った「バサーオールスタークラシック」の晴れ舞台を蹴る事は、並大抵でない覚悟が必要だったはずです。

しかし可能性がゼロでない限り、決してあきらめる事無く全力を尽くす・・・。
「自分の夢に忠実でありたい」
そんなイヨケンさんの力強い決意表明に、胸が熱くなるのを禁じ得ません。

iyokenb(イヨケンさんのinstagramより)

本当に最後の最後のミラクル、私も信じて応援し続けたいと思います。

 

オールスター最後の切符は誰の手に?

そしてこうなると、意外な所に1つのチャンスが生まれる事になるかもしれません。
それは・・・バサーオールスタークラシックの、「最後の出場権」です。

igarashiwinsbasserallstarclassicthewildcard2(ザ・ワイルドカードは五十嵐誠プロが制しましたね・・・)

バサクラは20名の選手で競われるはずですが、伊豫部選手の欠場で空席が1枠出来る事に。
つまり憧れの舞台への、最後の切符が忽然と誕生・・・するかもしれないわけです。
この天から降ったようなチャンスを射止める、最後のスターは一体誰になるのでしょうか???
(欠員のまま・・・という可能性もありますが、せっかくの機会なので誰かにチャンスを与えて欲しい!)

 

まさかの「カナモ」案!?

では誰が最後の一人に相応しいか?・・・という事で、すでにSNS上では喧々諤々の議論が交わされています。
その中で、(トーナメンターではないので)意外だけれど確かに面白いかもしれないと思ったのが「カナモ」こと金森隆志選手という案。
先日大きな話題を呼んだ“艇王2016″のLIVEで、バズベイトでの劇的な逆転優勝を遂げた話題のアングラーです。

teiou2016kanamowins

 

正直言って、これまで私自身は金森さんの事をよく存じていませんでした。
オカッパリルアーメーカーの代表の方・・・という位の認識だったのですが、艇王LIVEで目の当たりにした爆発力は非常に印象的でした。
そのカナモさんが、本気のトーナメントに出たら一体どんなポテンシャルを発揮するのか?
個人的には、非常~に見てみたいというのが率直な気持ちです。

聞けばショアアングラーを中心に絶大な人気を誇っているとの事ですので、話題性は充分。
日頃トーナメントに関心の薄いアングラーの方に、興味を持ってもらうには絶好の機会と言えるのではないでしょうか。

teiou2016kanamo

ちなみにキャラクターが際立っているので、あまり好きでないという方も少なくないとの意見も見られます。
しかし逆に、それは興業としての盛り上がりには一役買ってくれるのではないか・・・。
そんなわけで話題の金森さん案、私としてはアリなのではないかと思う次第です。

 

本命は「タクミ」案!!

しかしオールスタークラシックは、国内外で活躍した一流トーナメンターが一堂に会する、歴史と格式ある大会です。
そうであれば、やはり出場選手にはトーナメントでの実績が求められる・・・というのは至極まっとうな意見。
その意味で実績と実力、そして人気と可能性を兼ね備えたアングラーとして、伊藤巧選手の名前もあちこちで挙がっています。

itoutakumitbcchampion

先日、利根川を舞台に開かれる歴史あるトーナメント“TBC”をついに制覇した伊藤選手。
アングラーオブザイヤーの称号を手に、オールスターの舞台に立ったとしても決して不自然ではないでしょう。
今最も勢いのある若手と言っても過言ではない伊藤選手の活躍を、大舞台で見てみたいのはきっと私だけではないはずです!
(もちろん、できればLIVEでw)

itoutakumi(伊藤巧さんのtwitterより)

というわけで、誰が栄光の舞台への最後の切符を手に入れるのか?
国内トーナメントの一大祭典、バサーオールスタークラシック。
今年は私も現地で応援したいと思っていますので、「ファンが盛り上がる最後の1人」が選ばれるよう願っています!
(くどいようですが19人開催では無く、せっかくのチャンスを誰かに与えて欲しいと思います!)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

アウトドア&フィッシング ナチュラム

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年10月
« 9月   11月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ