バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] “ジャングルフリッピング”を知らずして、ヘビーカバーは語れない!?

カバーフィッシャーマンなら、必ず使いこなしたい“ストレートフック”
しかし本当のヘビーカバーでは、耐えられるフックが限られる!?
黒船に乗って上陸した、本場アメリカのタフ・ガイを紹介します。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

広がるストレートフックの舞台

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて皆さん、ワームのフックは何がお好きでしょうか?
これまでも書いてきましたが、私はかなりストレートフックを愛用しています。

(この針先が刺さる角度、エントリー・アングルがキモかと・・・)

以前はFPPストレートフリッピンストレート近距離のピッチング限定で使用してきましたが・・・。
フッ素コートのバサーズワームフック・パワーストレートが出てからは、中距離のパンチショット等にも採り入れる事に。
抜群のフッキング率はそのままに、しっかりと貫通する刺さりの良さを両立した素晴らしいフックだと感じています。

調子に乗って最近では、中距離のフットボールジグゲームにまで使用することに。
バウヘッドツイストフリッピングを組み合わせた自作ジグで使っているのですが、ディープでもしっかりと刺さってくれます。
ロングポイントが採用されているので太軸なのに非常に鋭く、写真のように口の堅いところを貫通するのには驚くばかりです。

(これ、隠れたおすすめフックです・・・)

 

ヘビーカバーストレートの憂鬱

しかしこうしたストレートフックにも大きな悩みがありまして、それが”強度”。
オフセットと違ってフックが開く方向に力がかかってしまうために、ヘビーカバーでは伸びやすいという弱点があります。
特にPEラインを用いた近距離のパンチングでは、なかなか強度的に満足のいくフックを見つけられなかったのです。

FPPやパワーストレートも、#5/0か#6/0くらいまで番手を上げれば割と丈夫なのですが・・・。
スモーリービーバーなどの小型ワームに#3/0程度を合わせると、一撃で伸びてしまうという手痛い目に遭ってきました。

(カバーの入れやすさを優先すると、どうしてもこの手の小さいワームを使いたい時もあるんですよね。。。)

 

黒船に乗ってやって来た”ランボー”

そんなある時フリッパーの大先輩に教えてもらったのが、US・OWNERからリリースされているジャングルフリッピングの存在です。
本場アメリカのパンチングで鍛えられた真のヘビーデューティ・ストレートというお話で・・・。
個人輸入しようかなと思っていたところ、何と日本のセブンパームスで見つけてリアクションバイトしたのでした。

形状の考察と注目のストレートフック

そして実際に使ってみると、これがまあ確かに強い!!
パワーストレートよりも2回りくらい線径の太いワイヤーで、本気のフルフッキングにもビクともしません。
無理やりペンチで破壊してみると、「折れるより曲がる」タイプのしなやかな鋼材のようなのですが・・・。
さすがにここまで太いと、実釣で変形することはほぼ無いと考えて良さそうです。

(少なくとも、私の力で壊れることは無いかと・・・)

しかしここからがジャングルフリッピングの凄いところで、こんなに太いのに切れ味抜群
これはフッ素コートの影響もさることながら、非常に鋭角なロングポイントを採用しているところにも理由がありそうです。
ともあれ硬いところでもバスバス貫通してしまうので、「刺さりにくい太軸ストレート」というイメージは完全に吹っ飛んでしまいました。

そして極めつけは抜群のフッキング率で、これぞストレートフックの真価!とニヤけてしまうほどスッポ抜けが激減します。
それにはかなりワイドゲイプなデザインと、針先でのワームの切り裂きやすさなどが影響しているのだろうと想像していますが・・・。
フックポイントを完全にワームの中に埋め込んでおいても、平気で掛かってしまうのには驚きました。

その上細部にもぬかりなく、スネルノットに必須のロウ付けもしっかり施されています。

ワームのキープ力では現時点で最高と思われる、ナイロンループストッパーも標準装備。
全方位にスキのない、パンチング・ストレートの決定版と言ってよい完成度だと感服した次第です。

(ただしこのフック、他のフックより完全に1番手サイズが大きいような気がします。。。)

アメリカのヘビーカバーで鍛えられた、さながらランボー(ご存知?)のようなストレートフックジャングルフリッピング
聞くところによれば、日本の釣具屋さんでも取り寄せ可能なところがあるそうです。
日本でも使わないのはもったいない良品だと思いますので、カバーを愛するフリッパーの皆様にはぜひ試してみて頂きたいと思います。

(ちなみにツイストフリッピングは、このフックのコイル式バージョンでは?と思っています)

※たまにamazonでも売ってたりします↓

 

関連記事

    • 木村 竜渉
    • 2018年 10月 31日

    こんばんわ
    いつも楽しく拝見させて頂いております。
    ジャングルフリッピングですが
    20パックから釣具店で注文できます。
    私も愛用していて消費が激しいので
    20パックでいつも購入しています。

    • いつもありがとうございます!
      情報大変うれしいです、日本の釣具屋さんでも注文できるのは便利ですね(^^♪

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ