バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[World Challenge優勝特別企画-1-] 片岡壮士が明かす霞水系カバー攻略法

激しい国内予選を制し、アメリカへの切符を掴んだ片岡選手。
驚異のパフォーマンスの裏側には、どんな戦略があったのか?
優勝記念スペシャルインタビュー、第1回は霞水系のカバー攻略です!

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

土佐のバイソン、アメリカの荒野へ!!

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
昨年abema TVで放映され、大きな注目を集めた“ワールドチャレンジ”国内予選。
激しい戦いを勝ち抜いたのは、土佐のバイソン片岡壮士選手でした。

(©abema TV)

そしてBassmasterオープン参戦のフルサポート権を得た片岡選手は、いよいよアメリカでの本戦へと臨むことになります。
当サイトディープストリームでは、「日本代表」とも言える片岡選手を全力応援していくべく・・・。
特別企画として、その戦いの内幕や生の声を届けていきたいと考えております。

 

霞水系を制した”カバー撃ちのキモ”

というわけでまずは片岡選手がワールドチャレンジで見せてくれた、驚異のパフォーマンスの秘密をたっぷりと解説して頂きたいと思います。
今回は予選リーグA第一ラウンド霞ヶ浦水系2日目に見せた猛チャージの舞台裏に徹底注目。
一見、メジャーポイントで普通にカバー撃ちをしているだけに見えるのに、どうして片岡プロだけが連発させられたのか?
「分かったかも」の一言とともに、怒涛のアジャスト劇を展開したキモを公開して頂きます。

見逃し視聴はコチラ

バックスライド系ノーシンカーテナガスティック4.9”は、なぜキー・ベイトになり得たのか?
そしてあえてナローゲイプの「D.A.Sオフセット#5/0を合わせた、セッティングの真意とは?
誰もが知るメジャーポイントで、わずかな違いで大差をつけた理由が明かされます。。。

というわけでカバーフィッシャーマン必見の第一回インタビュー動画、ぜひご覧ください!

 

【第2回はこちら↓】

 ※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年2月
« 1月   3月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アーカイブ