バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[World Challenge優勝特別企画-2-] “ベイト”でチャターを使い分ける片岡壮士の秘策

決勝進出をかけた、ワールドチャレンジ予選第2ラウンド。
気難しい秋の琵琶湖で、チャターベイトが大爆発!!
巻いて釣るためのキモとなる、ベイト“と”アクションが明かされます。。。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

ワールドチャレンジ琵琶湖予選

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
ワールドチャレンジの激しい国内予選勝ち抜き、Bassmasterオープンに挑む土佐のバイソン片岡壮士選手。
日本代表ともいえる片岡選手を応援すべく、当サイトでは優勝記念特別企画を展開しております。

初回は霞ヶ浦のカバーで差をつける、バックスライド系ノーシンカーの使い方を公開して頂きましたが・・・。
2回目となる今回は、予選第2ラウンドで活躍したチャターベイトブレイクブレードの使い方について。
特にオリジナルモデルと、スペシャルモデル“ウィニングスペック”の違いを丁寧に解説して頂きます。

(片岡プロと言えば「チャター」のイメージですよね!)

秋の琵琶湖は”デスレイク”などと呼ばれ、非常にタフな状況に陥る事も少なくありませんが・・・。
ベイトとルアーのマッチングに気を使う事で、巻き物でビッグフィッシュを連発できる事を私たちに見せてくれました。
2日通して7~8kgの安定したスコアをもたらしたブレイクブレードは、予選通過の原動力だったと言っても過言ではないでしょう。

(©abema TV)

ワールドチャレンジの見逃し視聴はコチラ

さて、秋の琵琶湖で爆釣するためのキー・ベイトとは一体何なのか?
そしてフィーディングフィッシュを獲るための、チャターベイトの使い分けとは?
巻いて釣るためのキモが語られる第2回インタビュー、クランカーの皆さんなら必見です!!

 

【※第3回はこちら↓】

 ※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

アーカイブ