バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] “自分のスタイルを貫く”という事 – 2019琵琶湖オープン第2戦

琵琶湖オープン第2戦、スーパーディープが大炸裂!
歴史的ローウェイト戦に、ヘビー級のパンチが見事に3発!!
自分のスタイルを貫き通した、優勝劇に脱帽です。。。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

出口の見えないトンネル

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて昨日は、琵琶湖オープン第2戦にてノーフィッシュ撃沈して参りました(苦笑)。
何だかもう最近、バスってどうやって釣るんだっけ・・・?状態で、出口の見えないトンネルでもがいている感じです。

原因は色々あるとは思うのですが、やはり今シーズンの琵琶湖の変化に全くついていけていないのが大きいかと。。。
南湖の沖ギル“の壊滅は、パンチショットのみならず巻き物の釣りにも甚大な影響を与えたと感じています。
好きだった釣りが軒並みパワーダウンしてしまった現実を前にして、自分がいかにブルーギルに頼っていたかをヒシヒシと感じています。

(結局、フローティング・ワンテンとかも全部ギルパターンだったんでしょうね・・・)

ですから琵琶湖の変化に対応すべく、今シーズンは初めてのエリア慣れないフィネスにトライし続けており・・・。
今回はあえて「船団戦のド真ん中で釣る」という、これまでは決してやらなかった釣りをテーマに挑戦してきました。
野尻湖戦でそうした戦い方の必要性を感じてきたためですが、結果としては完全に玉砕した格好です。

(マスターズきっての名手、伊藤選手のプラにも大変刺激を頂きました)

残念ながら全く結果がついて来ず、ちょっとあれやこれやと色々手を出し過ぎかなぁとも反省しています。
ともあれ何が悪いのか、一体どうすればよいのか・・・。
全く五里霧中のままですが、先日エリート初優勝を果たしたカール・ジョーカムセン選手の言葉を心のよりどころにして頑張り続けたいと思います。

 

貫き続けた”スタイル”の勝利

というわけで個人的には全く良い所の無かったオープンでしたが、非常に勉強になった試合ではありました。
中でも印象的だったのが、知る人ぞ知る重鎮“琵琶湖のウタマロ”こと今中雅一選手の優勝劇。
超・ローウェイト戦にも関わらず、3本・7980gという弩級のウェイトで見事な勝利を飾ったのです。

今中選手とはマリーナも近いので普段から少々交流させて頂いているのですが、そのスタイルを一言で表すならスーパーディープ
北湖の20m近い深海からランカーを水揚げする、ビッグバスハンターとして勇名を馳せているのです。
一発一発のパンチ力は尋常ではなく、「3バイト獲れれば勝つ」というキレッキレの釣りを展開するベテランアングラーです。

イマナカ選手のtweetより)

そして今回、ヘビー級を3発揃えて見事に優勝!
今シーズンは普段からその様子を見させて頂いてきましたが、本当にブレない姿勢が印象的でした。
自分の釣りを貫き通しての勝利は、控えめに言ってもカッコイイなと眩しく拝見させて頂きました。

(イチカワのSPフックがフェイバリットだそうで・・・w)

それから見事4位に入賞した“ワイルドGAN”こと岩田健司選手も、強い自分のスタイルを持つ選手の一人。
もちろん得意のシャロー一本勝負で、先週のBATNETに引き続き連続表彰台はさすがです。
自分もいつか、こんな風に活躍してみたいものです。。。

(ちなみに2位の名手・藤井成選手は何と2本で7160g!!グルカナイフ炸裂とのこと。。。)

ちなみにエリアをもろにシェアした船団戦でも、釣る人はしっかり釣ってきていました。
すぐ隣にいた鈴木祥選手に至っては、何と驚きのロクマルキャッチ・・・!
後になって話を聞いてみると、自分の頭の固さ粘りの足りなさなど反省する事ばかりでした。
しかも5位表彰台の藤田玲菜選手は、自分の目の前でナイスサイズをキャッチ!!
今回、修行のために船団戦に身を置いた事自体は後悔していませんが、ちょっと自分の下手さにショックを受けています。。。

(プラでは良いサイズは深い側だと思ったんですけど・・・決めつけちゃダメですね)

ともかく釣りの悩みは釣りを磨くことでしか解決しないと思いますので、また頑張って修行を続けたいと思います。
(私も貫けるスタイルを確立したい!)
というわけで参加選手の皆様&主催の方々、今回も素晴らしい大会をありがとうございました。
次回も凄腕の皆様に揉まれに行きたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします<(_ _)>

琵琶湖オープンHPより。上位こそ凄いものの、ノーフィッシュ続出のローウェイト戦でした。。。)

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に]◆DeeeP STREAMについて◆

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ