アメリカBASSトーナメント参戦を目指すアマチュアバサー、KenD(けんでぃ)の奮戦記をお送りします。。。

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] 10XDとマグナムクランクの”マッチ・ザ・ベイト”

日本レコード更新や、「ナナマル事件」のビッグバスラッシュ。
キールアーの10XDは、なぜランカーを狂わせるのか?
元祖にして究極、“帝王”のマネーベイトの秘密に迫ります。。。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

2019・琵琶湖MVPルアー

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
2019年の琵琶湖は非常に厳しい一年でしたが、一方でナナマル事件などビッグバスに沸いたシーズンでもありました。
そしてその立役者とも言うべきキー・ルアーは、マグナムディープクランク”10XD(ストライクキング)”だったのではないでしょうか。

キャスティングで7~8m,ドラッギングで最深15mまで到達するモンスタークランクです。。。)

私がBAITの最終戦で5本・18800gの日本記録を釣った時も、メインルアーはこの10XDでした。
個人的には2019年の琵琶湖MVPルアーの称号を贈りたいくらいなのですがw、ではいったいなぜ10XDは釣れるのか
今回はビッグバス・キラーとして、破壊的な威力の秘密に迫ってみたいと思います。

 

スーパーディープの”横”の釣り

さて10XDが琵琶湖のビッグバスに効いた理由は、まず第一に「スーパーディープを”“の動きで攻められる」という点にあると考えています。
一般的な琵琶湖・北湖のディープエリアを仮に7~15m程度と定義すると、このレンジを横に引けるルアーというのは極めて限られてきます。
ですから普通はフットボールジグやネコリグ、ダウンショットリグといったボトム系ルアーで攻める事がほとんどなのではないでしょうか。

しかし今年一年やり込んでみて気付いたのは、北湖のメインベイトは中層を泳ぐ小魚だという事でした。
もちろんエビやゴリ系の時もありますが、北のバスは圧倒的にベイトフィッシュ・イーターだというのがベイト調査による仮説。
つまり彼らは日常的に、中層を泳ぎ回る餌を追っているのだと思われます。

するとボトムを這わせたり縦のフォールで誘うより、横の動きが効きやすいとしても何の不思議もありません。
ボトム系の釣りが多くなるのは魚の好みに合わせた結果ではなく、深過ぎて横に引きづらいという人間側の都合でしかないと思うのです。
ですから「そもそも横の動きが効きやすい上に、「この水深で横の釣りをするアングラーが少ないという事情が重なって、10XDが爆発的に効いたのではないかと思うのです。

 

マグナムクランクのマッチ・ザ・ベイト

私が10XDの威力に気付いたのは2~3年ほど前の事でしたが、その理由は上のようなものだと考えていました。
つまり10XDが効くのは単純に深いレンジまで潜るからで、もっと色んなルアーをディープに送り込めばもっと食わせられるのではないかと・・・。
ですからマッドペッパーマグナムのキャロライナリグなど、ありとあらゆるルアーを巻いて試してみたのでした。

しかし18800gを釣った当日もキャロクランクなど色々試してみたのですが、結果として1バイトも得る事は出来ませんでした
そこで10XDに戻してみると、やっぱり再びバイトが出る・・・という現象を何度も体験することに。
決して10XDとメガロドーンしか投げなかったわけではなく、他のルアーでは全くバイトが得られなかったのです。

その不思議な現象の答えは、おそらく“ベイト”にあるというのが現時点での見解です。
なぜなら試合後にストマック調査を実施してみたところ、10lbオーバーの胃からは25cm位はありそうなハスが・・・。
このような大型のベイトフィッシュを偏食していたからこそ、10XDのようなマグナムルアーにだけバイトがあったのだと思うのです。

(だいぶ溶けてましたが、顎のカタチ的にハスで間違いないかと。。。)

数年前のマグナムクランクブームの時に感じたのですが、ビッグバスの中には「大きい餌しか食べない」と心に決めている個体が結構いると考えています。
ノーマルサイズのクランクでノーバイトだったのに、同じ場所にマグナムクランクを通したら一撃で喰った・・・という経験を何度もしました。
この時のベイトは大型の沖ギルでしたが、つまりマグナムクランクが効くのは単純にマッチ・ザ・ベイトという事なのではないかと思うのです。

マッチ・ザ・ベイトというと、小型のベイトに合わせてワームをサイズダウンする・・・といったケースが多いのではないかと思います。
しかしルアーを餌に合わせるというのは、小さくするだけではなく大きくする方向にも言える事なのではないでしょうか。
10XDはただでさえ大型な上、アクションも驚くほどブリブリと強烈に泳ぐわけですが・・・。
大型のベイトを選んで捕食するセレクティブなビッグバスに対して、それがちょうどよくストライクゾーンに刺さったのではないかと思うのです。

今日ではショットオーバー7など、10XDにインスパイアされたマグナムディープクランクが何種類か市販されています。
その多くはアクションをマイルドにしてあり、引き抵抗が小さくなるなど確かにメリットは感じられるのですが・・・。
実際に爆発的な釣果を叩き出しているルアーはどれか?と考えてみると、結局はオリジナルの10XDに行き着くように感じられます。
“帝王”KVDが誇るマネーベイトは、元祖にして究極のマグナムディープクランクなのかもしれません。

※10XD使ってみたいけどボート持ってないしポイント知らないし!という方は、ガイドさんに依頼するのも一案かと思います。
冬季間の今なら、探せば格安のガイドプラン↓もあるようですよ!
(二人で乗れば何と一人当たり1万円ポッキリ!!)

今週は10XD大サービス週間

 

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 12月 18日

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2019年12月
« 11月   1月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

アーカイブ