アメリカBASSトーナメント参戦を目指すアマチュアバサー、KenD(けんでぃ)の奮戦記をお送りします。。。

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

:[D] スタイル・オブ・DEPSと”ワカサギベイト”

今年も爆発的な釣果を叩き出した“ワカサギパターン”
しかし盛大にボイルする割に、なかなかルアーにバイトしない・・・
セレクティブなバスを獲るための、キーポイントをシェアします。

notice : Please select your language and translate by “Google Translator”on the sidebar(or selectbox below).Thank you!

ワカサギパターンの真髄

皆さんこんにちは、ディープストリームのKenD(けんでぃ)です。
さて2020年の琵琶湖を騒がせた話題と言えば、何と言っても「ワカサギパターン」かと思います。
ストロングスタイルで知られるあのdepsからも、ワカサギベイトなるフィネスプラグがリリースされたほどです。

(©DEPS)

ところでこのワカサギベイト、その小ささがデプスらしくない(?)と言った物議を醸していたように思います。
何となくSTYLE OF DEPS=デカくてストロングなルアーを使わなきゃ、みたいなイメージがあるのでしょうが・・・。
ただ、個人的にはDEPSというのは釣果に正直なメーカーだと思っていて、巨大なルアーも常識破りのジャンルも全ては釣果を求めた結果なのではないかと思っています。
その意味ですぐにワカサギベイトをリリースしてきたあたり、逆にデプスらしいのかなと感じた次第です。

(決して奇をてらっているのではないのかなと。。。)

ともあれ爆発的に火を噴いたワカサギパターンですが、「ボイルしまくっているのに釣れない」状況に身もだえした人も多いかと思います。
これほどセレクティブなパターンも無いというか、残酷なくらい食わせ方の差が出ると痛感しましたが・・・。
船団の中でボコボコに釣っていたプロガイドの林陸攻さんの動画に、その核心の一端が明かされているように思います。

 
一言で言えば食わせのコツは「動かし過ぎない」事にあって、i字放置が効くというのはつまりそういう事なのでしょう。
今だから書きますが、私もワカサギパターンのミドストではほとんどロールさせずに釣っていました。
あえてジグヘッドを薄刺しセッティングにせず、ヴィローラのテールが震える程度“水中i字”のイメージで漂わせていたのです。

ちなみに林さんはアメリカでトーナメントプロになる事を目指している、まだ18歳(!)の超・若手ガイドだそうです。
釣りのセンスは抜群で、なんと高校生の時に出た琵琶湖オープンで3位表彰台に立っています(汗)。
実はこの動画のロケ当日、朝から普通に釣りをしていた私と思い切り場所がバッティングしたのですが・・・。
BATNETで準優勝した時にキッカーを獲ったポイントだったので、「よくこの場所見つけたなぁ」と感心したものでした。

琵琶湖オープンHPより。もちろん撮影だったのでお譲りしましたよ!)

ともあれ今後、琵琶湖においてもワカサギパターンは定番化していく可能性が高そうです。
シーズン中はルアーが買えなくて、思うように出来なかった方も多いと思いますので・・・。
冬の間に確保しておいて、来期のハイシーズンに備えたいところです。

(一番買えなかったのはナギサヴィローラ4インチですかね・・・)

※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  1. :[最初に] DeeeP STREAMについて

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ