バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

ワンテンのフックチューンby ST-46RD

20120405_155130

スポンサーリンク

最も好きなルアーのジャンルは?と聞かれたら・・・私の場合、答えは決まっています。
『ジャークベイト』です。
野池時代なんかは、ほとんどこれ一辺倒だったくらいです。

しかし琵琶湖での釣行が増えるにつれ、フラッシュミノー → M-1インスパイアミノー → 阿修羅 →ルドラと、使うルアーが次第に大型化していきました。

しかしルドラまで行き着いた時、このデカいミノーをジャークし続けていたら手首がもたない・・・・ということを実感し、今はvision 110(ワンテン)が主力になっています。(リッピングやリトリーブで使う時は、今もルドラを使っていますが)

110mm・1/2ozという適度なサイズ感、飛距離、そしてジャークの幅と軽さ。
自分的には、現時点でのベストバランスルアーと考えていますが、どうしても不満な点が2つあります。
それは、「眼のシールがすぐに剥がれる」ことと、「ノーマルのフックがすぐ伸びる」ことです。

スポンサーリンク

というわけで、まずは眼のシールを剥がし(手で簡単に剥がれます。不良品かと思うくらいにw)、瞬間接着剤をごく微量垂らして再接着します。(多くつけ過ぎると、はみ出たり白くなったりします)

次にフック。
頑丈さでは定評があり、ソルトルアーではメインフックとしているST-46赤針の♯8をチョイスしました。
そして、赤針はバイト時の目印になる?という話を小耳に挟んだため、フロントの2本のみを交換することに。

しかしここで問題が。
ST-46は純正フックよりもだいぶ重いため、このままだとスローシンキングになってしまうのです。
(ちなみにノーマルはスローフローティング)

スプリットリングを小径化してもまだ足りないため、フロントのスプリットリングを外し、8号のPEラインによるフリーノットで装着してみました。
これでやっとリアルサスペンド!

ただ、ST-46にまでしなくても、ST-36でも伸ばされないかなぁ・・・という気もしています。46は高価だし。
皆さんは、フックチョイスはどうされているのでしょうか?

 

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2012年4月
« 3月   5月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ