バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

[D] 衝撃の検証 – 「ギル型ルアー」は本当に釣れるのか!?

“マッチザベイト”の真髄は、単に見た目を似せる事にあらず。。。
だとしたら、「ギル型ルアー」の威力は本物なのか?
衝撃の検証結果を、ここにシェアします!

スポンサーリンク

マッチ・ザ・ベイトの真髄

皆さんこんにちは、KenD(けんでぃ)です。
ブルーギルを食べているクオリティフィッシュを狙うため、「ギルパターン」をテーマに取り組んで来た前回の釣行。

IMG_20160708_072825

ポッパーゲームで連発を味わうものの、幸せな時は長くは続かず、湖上には無情の風が・・・。
こうなってしまうと、トップゲームは一気にパワーダウン。
あれだけ釣れたのだから・・・と続けますが、全くのノーバイトに。
魚の反応というものは、ものすごく素直なのだなぁと感心します。

というわけで、今回最も試してみたかったルアーを投入する事にします。
それが・・・depsの「ブルフラット」
そう、今話題沸騰中のギル型ワームです。

13557169_1064615596907403_1074942343_n

しかし失礼を承知で言うと、実はこの手の「ギル型ルアー」の効果を疑っていました。
ギルとは似ても似つかないポッパーが「水面のギルパターン」になるように、最も大切なのは「動き」がベイトに似ているか?ではないかと考えているからです。

つまりポッパーがマッチザベイトになるのは、水面でギルが虫をついばむ「動き」を演出できるから。
マッチザベイトの真髄は、マッチ・ザ・”アクション“にあると思うのです。
(だから風が吹いてギルが水面に浮かなくなった途端、ポッパーに全く反応しなくなったのではないかと)

macrochirus-387022_640

これは、ウィードトップにディープクランクを当てて浮かせる「ライザークランキング」や、フローティングジャークベイトの「浮き浮きパターン」でも同様。
全くギルに似ていないルアーでも、ウィードに沿って上下するギルの「動き」を真似る事で、ブルーギルに化けさせることが出来ると思うのです。
だからルアーの見た目がベイトに似ているかどうかなどという事は、正直言ってどうでも良いのではないかと考えていたのです。

 

ブルフラットの衝撃

そんなわけで、眉につばをつけながら1パックだけ購入したブルフラット4.8インチ(一番大きいやつ)を、3/16oz(5g)テキサスでリギング。
先程までギルが浮いていたエビモパッチを、目視しながら一本づつ撃っていきます。

IMG_20160708_073045

すると開始僅か3~4投目、縦系ウィードに沿ってフォールさせたブルフラットにガツガツガツガツ!という超明確なバイトが!
えっ!?っと慌てながらフッキングすると、ワイルドサイド72MHをバットまで引き絞って登場したのは、体高ある55cmのビッグワン

IMG_20160708_095933

何と3kg寸前、2880gありました・・・(汗)。
まぁマグレだろうと釣り続けると、ゴツゴツとかギュンギュンとか、もう目をつぶっても分かるような派手なバイトが連発。
しかし何度もフッキングをミスってしまい(スッポ抜け)、色々フックを換えてトライします。

IMG_20160626_141836(フックのチョイスがまだイマイチ決まらないなぁ・・・)

するとようやく、ドスッ、とロッドが止まる重量級の手応えが!

IMG_20160708_104923

長さは53cmでしたが、これも2500g近いナイスコンディションでした。
さらに45cmクラスも追加したものの、ここで何と1パックすべて消費(泣)。
ワームでこんな勢いで釣れたことが一度も無かったのでw、もう、ただただ衝撃に圧倒されてしまいました。

そこで、たまたま1個だけ持っていたスタッガーワイド4インチに、パワーグライドジグ1/4oz(7g)をセット。

IMG_20160712_192552

 

同様にエビモパッチを攻めていくと、答えは速攻で返ってきました。

IMG_20160708_125139

サイズは40クラスでしたが・・・う~ん、たまらんばい!(←永野プロのマネですw)

 

vs ロングカーリー

というわけで、私にしては異常な勢いでのビッグバイトラッシュ
しかし読者の皆様も思われていると想像しますが、私も釣りながらこう思っていました。
「今日って、結局何でも釣れる日なんじゃないの・・・?」と。

そこで取り出したのは、自分にとって縦系ウィード攻略の切り札である、「ロングカーリーのライトテキサス」
オールドモンスター(ZOOM)を5gテキサスにセットした、数釣り用フィネスの最終兵器です。
そしてある意味で、ブルフラットによるラッシュを上回る、さらなる衝撃に震える事になります。
何と何と・・・

IMG_20160712_192700

「釣れない」(/ω\)

そう、あれだけ巨大なブルフラット4.8インチですから、サイズは出ても数は出にくいはず。
そこでロングカーリーにチェンジすれば、もうバイトラッシュが止まらないに違いない・・・と信じて疑いませんでした。

しかしその結果は、~40クラスがたまにポロポロと釣れるのみ。
サイズはもちろんの事、バイト数でもブルに負けた・・・。
絶対の信頼を置いていたロングカーリー神話が、自分の中でガラガラと崩れていく音に背筋が凍りました。

 

ギル型プラグの引力

そうするうちに天候はコロコロと変化し、再び無風でギルが浮き出します。
ここで試しに・・・と投入したのがチビタレル(ジャッカル)でした。

13597560_1076641799084034_2101368061_n

なぜガンタレルでは無いのか?というと、「ビッグベイトが欲しいわけでは無かった」からです。
あくまで“マッチザベイト”の観点から、ギル型プラグを試してみたった。
そんなわけで、最も良く見られる10センチ強のギルに近いモデルを選んでみたのです。

そして実際使ってみると、まぁ~沸いてくるわ沸いてくるわ、後ろから数尾のビッグバスが群れをなしてチェイスしてくるのが目視出来ました。
しかし・・・アクションのさせ方がイマイチ良くないのか、追えども追えどもなかなか喰わず。
ようやくヒット!と思いきや、まさかの共食いでした・・・(汗)。

IMG_20160708_151129

と言うわけでラストは、やはりポッパー展開へ。
チェンジ早々、いきなりドパーンと50UP

IMG_20160708_162004

何だかもうエサ的位置付けになってきたコーリングペッパーで、40UPがボコボコ連発。
数えるのも面倒になって来たところで、〆は寸止めの49cm

IMG_20160708_161008

というわけで、50UP3本40UP2桁(20までは行ってないかな?)・・・という、私としては滅多にない爆釣Day
しかしブルフラットとロングカーリーの比較は、単に「釣れる日」だけにとどまらない新たな可能性を予感させてくれました。
率直に言って、数年に一度あるかないかの、「ルアーのチカラ」を実感する出来事だったと思います。

まだまだ使い込みレベルが浅い(たった1日だけw)ので、偶然だった可能性も充分あり得る話です。
しかしあまりにも衝撃的な体験でしたので、またあらためてブルについて気付いた事を書いてみたいと思います。。。

(ただし難点は、もう手持ちがゼロな事!おいてあったお店をいくつか回ったのですが、全て売り切れていました・・・(泣)。どなたか、こっそり売っているお店の情報を下さいw)

※追記アップしました!↓

 
※ぜひFacebookページへのいいね!& twitterInstagramのフォローをよろしくお願いします。

スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2016年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

アーカイブ