バスからソルトのシーバス・ジギングまで。アングラー目線のディープな情報発信サイト、”KenD(けんでぃ)のディープストリーム”へようこそ!

menu

◆ DeeeP STREAM ◆

トレブルSP-M(がまかつ)

浜名湖オープントーナメントに全戦プレスで参加する計画の2012年、残るは1戦となりました。

スポンサーリンク

多くのことを学ばせて頂いているのですが、釣りに行けていない為、消化不良の状態(泣)。

ゆっくりと、1つづつでも実践していこうということで、まずはシャッド系のルアーに取り組んでみることにしました。
で、買ってきたのはマーゲイSW(ヘビーウェイトバージョン)。
ミオ筋絡みのブレイクで、ミノーのレンジまで食い上げてくれないシーバスが釣れる・・・!(といいなぁw)
しかしこのマーゲイ、純正のフックが非常に小型で、これで本当に掛けられるのか!?不安になってしまいます。
ただでさえシーバスのバイトをフックアップに持ち込むのは難しいのに・・・。
というわけで、大き目のフックをとST-46の♯8を付けてみたのですが、純正よりフック重量が遥かに重い・・・というか♯10ですら重い。
サスペンドシャッドではないので、そこまで気にしなくても良いのかもしれませんが・・・プラグの動きが妨げられそうな気がして何だか落ち着きません。
そこで軽くて掛かりの良いフックはないか!?と探し出して来たのは、がまかつさんのトレブルSP-M。
これの7番の自重が0.32gということで、純正フックの0.325gとほぼ同じ。
ソルトだと普通はMHを使うようなのですが、シーバスのショートバイト対策に敢えてミディアムを選ぶ方もいるとの情報もあるので、まぁそれなりに強度もあるのでは!?と期待してみますw
で、実際装着してみると・・・(上・トレブルSP-M♯7、下・純正)
20121017_142213

スポンサーリンク

だいぶゲイプが広くなっており、これなら掛かりそうな気がしてきました!
さて、ただのオタクの自己満足で終わるのか・・・実釣性能は如何に・・・!?
※ちなみに、がまかつにはラウンドベンドのRBシリーズもありますが、シャンクが長いとラインに絡んだりするトラブルが多い気がするため、今回はSPシリーズから選んでみました。
スポンサーリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

Translate:

カテゴリー

スポンサーリンク

Twitter でフォロー

カレンダー

2012年10月
« 8月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

アーカイブ